1. トップページ>
  2. 市民向け情報>
  3. 農業>
  4. 担い手支援>
  5. 人・農地プラン

人・農地プラン

 平成24年から国(農林水産省)事業をスタートさせた「人・農地プラン」は、地域の高齢化や農業の担い手不足が心配される中、5年後、10年後に、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを、地域や集落の話し合いに基づき取りまとめたプラン(計画)です。
 東御市では、田中・滋野・祢津・和・北御牧地区の5つの地域に分けて、話し合いを行い取りまとめをしました。

人・農地プランの実質化について

次の1から3までのプロセスを経て作成された人・農地プランを「実質化された人・農地プラン」とします。

1 アンケートの実施

 対象地区内の農業者(耕作者または地権者)に対し、現状及び後継者の有無等をアンケートで確認します。

  2 現況把握

 1を地図化し、5年~10年後に後継者がいない農地の面積等を「見える化」し、話し合いの場で活用します。

  3 今後の地域の中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成

 1、2を基に、農業者、自治体、農業委員会、JA等の関係者で話し合いを行い、5年~10年後の農地利用を担う経営体等について決めていきます。

市内の「実質化された人・農地プラン」の公表について

実質化された人・農地プラン(田中地区)(pdf 115kb)

実質化された人・農地プラン(滋野地区)(pdf 115kb)

実質化された人・農地プラン(祢津地区)(pdf 116kb)

実質化された人・農地プラン(和地区)(pdf 119kb)

実質化された人・農地プラン(北御牧地区)(pdf 117kb)

署名

農林課担い手支援係
電話:0268-64-0535 | ファクシミリ:0268-64-5881
メール:nousei@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年4月2日

▲このページの先頭へ