1. トップページ>
  2. 市民向け情報>
  3. 国民健康保健・国民年金・後期… >
  4. 国民健康保険>
  5. マイナンバーカードの健康保険…

マイナンバーカードの健康保険証としての利用について

 令和3(2021)年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります。
 医療機関や薬局では、令和2(2020)年度から順次必要な機器が導入され、それぞれの受付でマイナンバーカードをカードリーダーにかざすと、医療保険資格の最新情報をオンラインで確認できるようになります。

マイナンバーカードを保険証として利用する5つのメリット

1 保険証としてずっと使える
 就職や転職、引越しをした場合でも、保険証の切替えを待たずにマイナンバーカードで受診することができます。ただし、加入・喪失等に係る申請については、今までどおり必要となります。

2 医療保険の資格確認がスピーディーに
 カードリーダーにかざせば、スムーズに医療保険の資格確認ができるため、医療機関等の受付における事務処理の効率化が進むため、お待ちいただく時間が短縮できます。

3 窓口への書類の持参が不要に
 オンラインによる医療保険資格の確認により、高齢受給者証や高額療養費の限度額認定証など医療機関窓口に提出する書類の持参が不要になります。

4 健康管理を行ううえで便利に
 マイナポータルで、自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります(令和3年秋頃予定)。患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、また、薬剤師も薬剤情報を確認できるなど、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能となります。

5 マイナンバーカードで医療費控除も便利に
 マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります(令和3年秋頃予定)。確定申告でも、マイナポータルを通じて医療費情報を取得し、医療機関等の領収書がなくても手続きができるようになります。

マイナンバーカードの保険証利用について、詳しくは下記をご確認ください。

マイナンバーカードの保険証利用(pdf 2,175kb)
リーフレット(pdf 1,701kb)

カード利用には事前に登録が必要です

 マイナンバーカードを保険証として利用するためには、あらかじめ初回登録を済ませておく必要があります。初回登録の申込手続は、スマートフォン又はパソコンからインターネットの「マイナポータル」サイトにアクセスし、「健康保険証利用の申込」から登録ができます。
 ・スマートフォンからの手続きの場合は、マイナンバーカードの読取対応のスマートフォンが必要です。
 ・パソコンからの手続きの場合は、ICカードリーダーが必要となります。
 ・マイナンバーカード交付時に設定された数字4桁の暗証番号の入力が必要です。

登録をお手伝いします!

 パソコンやスマートフォンをお持ちでない方や登録ができない方は、市役所市民課市民係に専用端末を用意してありますので、ご自分のマイナンバーカードと設定した4桁の暗証番号を控えて、ご来庁ご利用ください。

 詳しくはは、マイナポータルのホームページをご確認ください。

 マイナポータルサイト

マイナンバーカードを申請したい

 詳しくは、下記をご確認ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)申請について

安心してください!マイナンバー(12桁の数字)は使いません

 マイナンバーカードの保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。また、医療機関等の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはなく、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐付けられることもありません。

よくあるご質問と回答(Q&A)

Q:マイナンバーカードを保険証とすると、これまでと何が変わるのでしょうか?
A:マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引っ越ししても、保険証の切替えを待たずに保険者の手続が完了したところで、マイナンバーカードで受診できます。医師や薬剤師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります。
(注意)保険者への加入、喪失の届出は引き続き必要です。


Q:今後は、保険証が交付されなくなるのでしょうか?
A:マイナンバーカードが保険証として利用できるようになっても、引き続きすべての国民健康保険および後期高齢者医療保険加入者の皆さまに保険証を交付します。


Q:令和3年3月からは、マイナンバーカードがないと受診できないのですか?
A:すべての医療機関等で、今までと同じように保険証で受診できます。


Q:すべての医療機関等で、マイナンバーカードが利用できますか?
A:マイナンバーカードを利用して受診できるのは、カードリーダーが設置されている医療機関等に限られます。カードリーダーを導入していない医療機関等では、保険証が必要となります。


Q:医療機関等の窓口では、マイナンバーカードでどのように受付するのですか?
A:医療機関等の受付で、マイナンバーカードをカードリーダーにかざし、顔の撮影、または暗証番号を入力します。その後、マイナンバーカードのICチップにある電子証明書により、医療保険の資格をオンラインで確認します。
(注意)窓口職員がマイナンバーカードをお預かりすることはありません。


Q:マイナンバーカードを保険証として利用できる医療機関等は、どうすれば知ることができますか?
A:利用が可能となる医療機関等の一覧を、厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページで掲載する予定です。また、当該医療機関等においても、利用できることがわかるように、ポスター等を掲示していただく予定です。

署名

市民課国保年金係
電話:0268-75-8810 | ファクシミリ:0268-63-6908
メール:kokuho-nenkin@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年2月9日

▲このページの先頭へ