1. トップページ>
  2. 市政全般>
  3. 計画・行政>
  4. 行政改革>
  5. 行政手続における押印等の見直…

行政手続における押印等の見直しについて

背景

デジタル時代を見据えた行政手続のオンライン化によるデジタルガバメントを実現するため、従来の書面主義、押印原則、対面主義といった慣行手続の見直しが求められています。

目的

行政手続のデジタルオンライン化の動向を踏まえ、行政手続における市民の負担を軽減し、利便性の向上を図るため、「行政手続における押印等見直し基本方針」を策定しました。

行政手続における押印等見直し基本方針(pdf 3,017kb)

当方針に沿って、原則すべての行政手続における押印を不要とし、合わせて行政手続の書面規制を見直し、オンライン化及びペーパーレス化に取り組んでまいります。

署名

企画振興課企画政策係
電話:0268-64-5893 | ファクシミリ:0268-63-5431
メール:kikaku@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年2月24日

▲このページの先頭へ