1. トップページ>
  2. 市民向け情報>
  3. ごみ・リサイクル・し尿>
  4. ごみ>
  5. もったいない!食品ロスを減ら…

もったいない!食品ロスを減らそう

 「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことです。

 日本では、食料を海外からの輸入に大きく依存しているにもかかわらず、平成30年度に約600万トンの食品ロス(家庭から約276万トン、事業者から324万トン)が発生したと推計されています。

 これは、毎日国民1人あたりお茶碗一杯分のご飯(約130g)を捨てていることになります。

 家庭や飲食店で、食品ロスの削減に取り組みましょう。

 

家庭で

 □ 買い物は必要な時だけ行くようにしましょう。

 □ 買い物の前に、冷蔵庫・食品庫をチェックしましょう。買い物リストなどで計画的に。

   スマホで撮影していくのも役立ちます。

 □ まとめ買いは避け、「ばら売り」「小分け」も活用して、使う分・食べきれる分だけ購入しましょう。

 □ 利用予定を考えて、消費期限・賞味期限の近い商品から使いましょう。

 □ 食材にあわせた適切な保存をしましょう。食材を無駄にしないように。

 □ 食べきれる分だ料理しましょう。

 □ 野菜の皮など、食べられる部分を必要以上に取り除かないようにしましょう。

 □ 残った場合は、リメイクレシピ・アレンジレシピで食べきるようにしましょう。

 □ 冷蔵庫・食品庫に期限切れ食品がないか、定期的にチェックしましょう。

 □ 冷蔵庫・食品庫の余りもので料理する日を設けてみましょう。

 

飲食店で

 □ 自分の食事の適正量を知り、食べきれる量を注文しましょう。

 □ 小盛りや小分けメニューを上手に活用しましょう。

 □ 食べ放題のお店では、無理をして皿に盛らず、食べ残さないようにしましょう。

 

その他

 □ 食べ切れない食品は、生活にお困りの方への支援を活用しましょう。

   (賞味期限まで1ヶ月以上ある場合等。詳しくは、まいさぽ東御(62-4455)までご連絡ください。)

署名

生活環境課クリーンリサイクル係
東部クリーンセンター
電話:0268-63-6814 ファクシミリ:0268-63-6814

メール:clean-center@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年11月2日

▲このページの先頭へ