1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 道路>
  5. 東御市橋梁長寿命化修繕計画(…

東御市橋梁長寿命化修繕計画(第2期)について

長寿命化修繕計画策定の背景及び目的

 東御市が管理する橋梁は,平成30年12月現在で195橋あります。
 この内,建設後50年以上を経過した橋梁は37橋(19%)となっており,さらに30年以上で括れば97橋(50%)となります。したがって,これから20年後にはこれら全ての橋梁が高齢化橋梁に分類されることになります。
 こうした状況から,平成23年3月には,第1期の橋梁長寿命化修繕計画を策定して維持管理コストの縮減や平準化を図り,計画的な修繕を実施してきたところです。
 今般,前回の計画策定から8年が経過し,さらに「長野県道路橋定期点検要領(平成27年6月)」による新たな点検を実施したことから,第1期の計画を見直し,第2期の「東御市 道路橋長寿命化修繕計画」を策定しました。
 今後は、この計画に基づき橋梁の長寿命化を計画的に進めていきます。

東御市橋梁長寿命化修繕計画(第2期)(pdf 298kb)

修繕計画一覧表及び点検計画一覧表(pdf 124kb)

署名

建設課土木係
電話:0268-64-5917 | ファクシミリ:0268-64-5881
メール:kensetsu@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2019年11月25日

▲このページの先頭へ