1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 上水道>
  5. 飲用井戸等の適切な管理について

飲用井戸等の適切な管理について

 飲用井戸等(飲用を目的とする井戸水や湧き水、沢水等)は、その土地から得られる貴重な資源である反面、有害物質の地下浸透や不十分な管理により汚染される恐れがあります。飲用井戸等の衛生管理については、原則として設置者の責任となります。飲用による健康被害を防止するために、必ず水道法の水質基準に準じた検査を実施し、適切な衛生管理に努めてください。特に下記の点に注意しましょう。

飲用井戸等の管理について

(1)井戸のふたに施錠をし、看板や柵を設けることによって、みだりに人や動物が侵入しないようにしましょう。

(2)飲用井戸等の構造設備(井戸本体、ポンプ、配管、消毒設備、水槽等)定期的に点検し、清潔に保ちましょう。

(3)飲用井戸等を新たに設置する場合は、設置場所や設備等に十分配慮しましょう。

飲用井戸等の水質検査について

(1)新たに飲用井戸等を設置したときは、水道法の水質基準全項目(51項目)の検査を行い、安全を確認してから使用しましょう。

(2)毎日、透明な容器に水を汲み、色や濁り、臭いや味などに以上がないかを確認しましょう。

(3)年1回、定期的な水質検査を行いましょう。定期的な水質検査は、一般細菌、大腸菌、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物、pH値、味、臭気、色度、濁度の11項目と、地域の特性や周辺地下水の状況等からトリクロロエチレン及びテトラクロロエチレン等に代表される有機溶剤や、その他の水質基準項目のうち追加することが必要な項目の検査を行いましょう。

(4)臨時の検査は、飲用井戸等から給水される水に異常を認めたとき、必要な項目の検査を行いましょう。

(5)水質検査を行った際は、検査に関する記録を作成し、当該検査を行った日から1年間保存しましょう。

(6)水質検査をするときは、水道法第20条第3項に規定する地方公共団体機関、又は厚生労働大臣に登録した者に依頼しましょう。

飲用井戸等の汚染が判明した場合

 飲用井戸等の水が人の健康を害する恐れがあることを知ったとき、水質検査の結果が水道法に基づく水質基準を超える汚染がわかったときは、直ちに使用をやめ、利用者に周知するとともに、東御市役所上下水道課水道係までご相談ください。

署名

上下水道課水道係
電話:0268-64-5884 | ファクシミリ:0268-62-0233
メール:jyougesuidou@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2019年8月8日

▲このページの先頭へ