1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 梅野記念絵画館>
  5. 永遠の求道 小倉尚人展 開催

永遠の求道 小倉尚人展 開催

2009年に64年の短くも濃密かつ壮絶な人生に幕を下ろした【画師・小倉尚人】が生前描き残した仏画・曼荼羅を、2019年10月6日から2020年1月14日まで梅野記念絵画館で初公開いたします。

永遠の求道 小倉尚人展について

 本展は、近年急速に注目されつつある、これまでほとんど知られることがなかった小倉尚人(1944~2009)の世界を紹介する初めての回顧展です。

 小倉は、旧満州に生まれて福島県に引き揚げたのちに神奈川県に移り、東京学芸大学美術科を卒業後、仏道と画道を「不二の行」として、仏教の研究・修行として絵画の制作に専念し続けました。特に30歳から40歳にかけては、抽象表現によるまったく独自の、180cm×180cmという大作の両界曼荼羅全18点を描き上げ、全国紙や美術雑誌で大きく取り上げられました。

 しかし、その後は「名利は自分の成長の何の役にも立たない」と、世俗との接触を徹底して避けて作品を公にすることはなく、三十三観音、羅漢、釈迦涅槃図などの多数の仏画を描き、福島県南相馬市の寺へ奉納を続けました。その道は山水画に行き着くものの未完のままに64歳で生涯を終えました。

 残された作品は抽象・具象表現の曼荼羅・仏画を中心におよそ900点を数え、仏画の枠を超えて現代アート、あるいは今日のキャラクター表現などのポップカルチャーにまで通じる広がりを持っています。

この展示では、「仏道」「画道」「現代アート/ポップカルチャー」という、それぞれの関心を持つ3人の鑑賞者とともに会場をめぐることで、今日の社会において強い存在感を示す小倉の作品の多様な魅力とその生涯をわかりやすくお伝えします。

期日・開館時間

2019年10月6日(日)~2020年1月14日(火) 9:30~17:00 

梅野記念絵画館サイト・チラシ

イベント等詳細は下記リンク先、またはチラシをご覧下さい。

梅野記念絵画館ホームページ

チラシ表(pdf 215kb)

チラシ裏(pdf 961kb)

署名

文化・スポーツ振興課文化係
電話:0268-71-0670 | ファクシミリ:0268-63-5431
メール:bunka-sports@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2019年10月25日

▲このページの先頭へ