1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 市税>
  5. 令和元年10月1日から軽自動…

令和元年10月1日から軽自動車税が変わります

1 「環境性能割」が導入されます

 自動車取得税(県税)が廃止され、自動車の購入時に払う「軽自動車税 環境性能割」が導入されます。この改正に伴い、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されます。

1. 課税対象取得価格が50万円を超える三輪以上の軽自動車
2. 納税義務者1の取得者
3. 納付額通常の取得価格×残価率(中古車の場合)×税率
4. 税率取得した自動車の環境性能割等に応じ0~2%

 ※環境性能割は市税となりますが、当分の間、長野県が賦課徴収を行います。

 ※消費税引き上げに伴う対応として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用乗用車を取得した場合は、税率の1%分が軽減されます。

2 軽自動車税の名称が変わります

 軽自動車の排気量等に応じて毎年かかる「軽自動車税」は「軽自動車税 種別割」に名称が変更されます。

 なお、「軽自動車税 種別割」については税額の変更はありません。

署名

税務課住民税係
電話:0268-64-5877 | ファクシミリ:0268-63-6908
メール:zeimu@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2019年9月12日

▲このページの先頭へ