1. トップページ>
  2. 市民向け情報>
  3. ごみ・リサイクル・し尿>
  4. し尿>
  5. 東御市浄化槽管理協会

東御市浄化槽管理協会

「東御市浄化槽管理協会」とは?

浄化槽を設置される皆さんが、行政・維持管理業者・法定検査機関の協力を得て、浄化槽に関する知識の向上を図り、その維持管理を適正に実施していくことによって、生活排水による水質汚濁の防止や生活環境の保全を図ることを目的に設置された団体です。

協会規約は、東御市浄化槽管理協会規約(pdf 128kb)でご確認ください。また、協会の会員には年会費(10人槽以下の方1,000円)が発生します。

なぜ「東御市浄化槽管理協会」が必要なの?

従来“浄化槽”は、設置者個人の管理責務に委ねられる傾向がありました。しかし、すべてを個人にまかせることは自ずと限界があります。
下水道事業が行政の管理下で運用されているのと同様の仕組みを“浄化槽”にあっても整え、浄化槽設置者が浄化槽法に定める管理義務を適切に履行することができるよう支援していく仕組みを整える必要があるのです。

「東御市浄化槽管理協会」はどういったことをしているの?

浄化槽管理協会は、行政との連携によって、維持管理業者・法定検査機関のパイプ役となり、浄化槽を設置されている皆様が浄化槽法に定める管理責務を適切に履行することができるよう支援を行います。
具体的には、次の3点に集約されます。

浄化槽の維持管理にあたり、会員には協会料金表が適用されます。

協会では下水道使用者と浄化槽設置者において、年間費用負担の面で差が生じることの無いよう統一料金表による運用を図ります。

協会が指定する維持管理業者が浄化槽管理のサポートを行います。

協会では、協会指定業者(保守点検業者20業者、清掃業者4業者/R3.4.1現在)が維持管理にあたりますので安心して利用できます。

法定検査を協会が管理します。

協会では、指定検査機関と調整を図り、いわゆる“11条検査”を確実に受検できる仕組みを整えることで、法定義務の履行をサポートします。

協会の定める維持管理料金はいくらなの?

協会に加入される会員には、次の料金表が適用されます。

合併処理浄化槽(一般家庭)の場合

保守点検基本料金

人槽
保守点検費(1回)
基本回数
年間保守点検費
消毒薬品費
5人槽
5,100円
4
20,400円
1kgあたり
356円を乗じて
得た額
6人槽
5,100円
4
20,400円
7人槽
5,100円
4
20,400円
8人槽
5,100円
4
20,400円
10人槽
5,100円
4
20,400円
  • 上記は、消費税抜きの金額です。
  • 上記に、器具機材の修理費、消耗品費等は含まれません。
  • 基本管理回数は、浄化槽法施行規則第2条に規定する基準をもとに協会が定めた基準です。

清掃基本料金

人槽
清掃費
(1立方メートル)
基本清掃容量
(1立方メートル)
年間基本清掃費
水張料
5人槽
11,524円
1.5
17,286円
5,238円
6人槽
11,524円
1.9
21,895円
7人槽
11,524円
2.2
25,352円
8人槽
11,524円
2.5
28,810円
10人槽
11,524円
3.2
36,876円
  • 上記は、消費税込みの金額です。
  • 上記は、標準的な「嫌気ろ床接触ばっき方式」の浄化槽の清掃基本料金を示したものです。浄化槽のタイプによっては基本清掃容量が異なるため、金額も異なります。
  • 水張料につきましては、設置者の水道水を使用したときは徴収しません。

法定検査料金

長野県知事が指定する検査機関は公益社団法人「長野県浄化槽協会」ですが、11条検査の費用は、5,000円(20人槽以下)です。

詳しくは東御市浄化槽管理協会浄化槽維持管理規程(pdf 830kb)でご確認ください。

様式集

会員用

東御市浄化槽管理協会加入申込書(docx 11kb)

東御市浄化槽管理協会退会届(docx 10kb)

署名

生活環境課環境対策係
電話:0268-64-5896 | ファクシミリ:0268-63-6908
メール:seikan@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年4月1日

▲このページの先頭へ