1. トップページ>
  2. 市民向け情報>
  3. 福祉・高齢者・介護>
  4. 生活支援保護>
  5. 子育て世帯生活支援特別給付金…

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給について

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、ひとり親世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)(チラシ)(pdf 633kb)

1 ひとり親世帯に該当する方について

この給付金は下記のいずれかの状態にある児童(※)のいる世帯の方への給付です。

児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。

・父母が離婚した児童

・父または母が死亡した児童

・父または母が重度の障がいを有する児童

・父または母が生死不明である児童

・父または母に1年以上遺棄されている児童

・父または母がDV保護命令を受けた児童

・父または母が法令により1年以上拘禁されている児童

・婚姻によらないで生まれた児童

 ただし、上記の要件を満たしても、児童が里親に委託されている、児童福祉施設に入所している、請求者や扶養義務者の収入が支給制限限度額(※※)上回る場合等に該当する場合は給付金は支給されない場合があります。

 ※18歳到達後最初の3月31日が令和4年3月31日以降である児童又は申請時点において
  障がいの状態にある20歳未満の児童が対象です。
 ※※収入における支給制限限度額簡易表

扶養人数父または母の限度額扶養義務者の限度額
0人3,114,000円3,725,000円
1人3,650,000円4,200,000円
2人4,125,000円4,675,000円
3人4,600,000円5,150,000円
4人5,075,000円5,625,000円
5人5,550,000円6,100,000円

 簡易版となりますので、状況(扶養親族の人数や所得控除の適用の有無等)により
判定が変わり、審査の結果と異なる場合があります。

2 支給対象者と概要

対象者①令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けた方②公的年金等を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当を受けていない方および受けられないと想定される方
※令和元年の収入が児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る方に限ります。
③令和3年4月分の児童扶養手当の係る認定を受けていない方および支給停止とされている方であって、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準に下がっている方
支給額児童(※)1人当たり一律5万円
手続き不要
支払い5月に支給審査後随時支給

3 受給手続き

①令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けた方

 申請手続きが不要です。給付金が不要の方は、5月10日までに「受給拒否の届出書」をご提出ください。

(様式第1号)給付金(ひとり親世帯分)受給拒否の届出書(pdf 57kb)

 また、支払いは児童扶養手当の支給に指定した口座になります。解約するなど給付金の支給に恐れがある場合には、指定振込口座を変更するなどの手続きを5月10日までにお願いします。

(様式第2号)給付金(ひとり親世帯分)支給口座登録等の届出書(pdf 73kb)

②公的年金等受給者

 申請書と収入額申立書を提出ください。

 給付の申請書です。

(様式第3号・年金)給付金(ひとり親世帯分)申請書(pdf 125kb)

申請書記載要領(年金)(pdf 165kb)

 令和元年の収入が児童扶養手当支給限度額未満か確認する申立書です。

 申請者の生活を経済的に支えている扶養義務者がいる場合は、その方の年間収入額も勘案して支給を決定しますので、扶養義務者用を併せてご提出ください。

(様式4号・年金)収入額申立書(申請者本人)(pdf 135kb)

(様式4号・年金)収入額申立書(扶養義務者)(pdf 161kb)

 上記申立書の要件を満たさなくても、以下の「所得額申立書」の要件を満たせば支給の対象となります。控除対象一覧表から該当するものを控除してください。

(様式4号・年金)所得額申立書(pdf 189kb)

(別添)控除対象一覧表(pdf 125kb)

 令和元年の収入で支給要件を満たさない場合でも新型コロナウイルスの影響を受け家計が急変した場合は③での申請をご検討ください。

③家計急変者

 申請書と収入額申立書を提出ください。

 給付の申請書です。

(様式第3号・家計急変)給付金(ひとり親世帯分)申請書(pdf 126kb)

申請書記載要領(家計急変)(pdf 166kb)

 新型コロナウイルスの影響を受け、1カ月分の収入見込額が児童扶養手当支給限度額未満か確認する申立書です。申請者の生活を経済的に支えている扶養義務者がいる場合は、その方の収入見込額も勘案して支給を決定しますので、扶養義務者用を併せてご提出ください。

(様式第4号・家計急変)収入見込額申立書(申請者本人)(pdf 192kb)

(様式第4号・家計急変)収入見込額申立書(扶養義務者)(pdf 158kb)

 上記申立書の要件を満たさなくても、以下の「所得見込額申立書」の要件を満たせば支給の対象となります。控除対象一覧表から該当するものを控除してください。

(様式第4号・家計急変)所得見込額申立書(pdf 174kb)

(別添)控除対象一覧表(pdf 125kb)

4 受給手続き締切

 受給申請の締切は令和4年2月28日(月)です。要件を満たす方はお早めに申請をお願いします。

5 その他

  • 申請内容に不明な点があった場合、福祉課から問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料等の振込みを求めることは、絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合は、すぐに東御市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。
  • 給付金の支給を受けた後、支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合などは、給付金の返還を求めます。
  • ご不明な点がありましたら下記コールセンターまたは福祉課までお問い合わせください。

 厚生労働省コールセンター
 ☎ 0120‐400‐903(受付時間 平日9:00~18:00)
 

署名

福祉課福祉推進係
電話:0268-64-8888(代表) | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:fukushi@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年5月1日

▲このページの先頭へ