1. トップページ>
  2. 市民向け情報>
  3. 福祉・高齢者・介護>
  4. 介護保険>
  5. 令和3年8月介護保険制度改正…

令和3年8月介護保険制度改正のお知らせ

高齢化が進む中で、必要なサービスを必要な方に提供できるようにしつつ、負担の公平性と制度の持続可能性を高める観点から一定以上の収入のある方に対して、負担能力に応じた負担を求める見直しが行われます。

  

1 介護保険施設の食費・居住費の助成制度が変わります

介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設)やショートステイを利用する方の食費・居住費については、低所得の方への助成(補足給付)が行われていますが、令和3年8月から在宅で暮らす方との食費・居住費に係る公平性や負担能力に応じた負担を図る観点から、一定額以上の収入や預貯金等をお持ちの方には、食費の負担額の見直しが行われます。

  

(1)預貯金要件の見直し

認定要件である預貯金額の上限が下表のとおり見直されます。

R3年7月まで見直し後
(R3年8月~)
年金収入等80万円以下(第2段階)

単身1,000万円

夫婦2,000万円

単身650万円

夫婦1,650万円

年金収入等80万円超120万円以下(第3段階①)

単身550万円

夫婦1,550万円

年金収入等120万円超(第3段階②)

単身500万円

夫婦1,500万円

※年金収入等=公的年金等収入金額(非課税年金を含む)+その他の合計所得金額

   

(2)食費の負担限度額の見直し

施設サービスやショートステイを利用する際の食費の負担限度額(日額)が下表のとおり見直されます。

施設入所者ショートステイ利用者
R3年7月まで見直し後
(R3年8月~)
R3年7月まで見直し後
(R3年8月~)
年金収入等80万円以下(第2段階)390円390円390円600円
年金収入等80万円超120万円以下(第3段階①)650円650円650円1,000円
年金収入等120万円超(第3段階②)650円1,360円650円1,300円
補足給付の対象ではない方食費の負担額は、施設と利用者の契約により決められています。食費の負担額は、施設と利用者の契約により決められています。

※食費の提供に要する平均的な費用の額(基準費用額)は、1,392円から1,445円(日額)に変わります。
(注)居住費の負担限度額は、変更ありません。また、生活保護受給者や老齢福祉年金受給者等(第1段階)の負担限度額は、食費・居住費ともに変更ありません。

  

2 高額介護サービス費の負担限度額が変わります

高額介護サービス費とは、1カ月に支払った利用者負担の合計が負担限度額を超えたときは、超えた分が払い戻される制度です。令和3年8月からは、負担能力に応じた負担を図る観点から、一定年収以上の高所得者世帯について、負担限度額の見直しが行われます。

区      分負担の上限額(月額)
【新 設】
課税所得690万円(年収約1,160万円)以上
140,100円(世帯)
【新 設】
課税所得380万円(年収約770万円)~課税所得690万円(年収約1,160万円)未満
93,000円(世帯)
市町村民税課税~課税所得380万円(年収約770万円)未満44,400円(世帯)
世帯の全員が市町村民税非課税前年の公的年金等収入金額+その他合計所得金額の合計が80万円以下の方等24,600円(世帯)
15,000円(個人)
生活保護を受給している方等15,000円(世帯)



令和3年8月介護保険制度改正周知用ポスター(pdf 1,659kb)



署名

福祉課高齢者係
電話:0268-75-5090 | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:kaigo@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2021年6月8日

▲このページの先頭へ