1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 健康>
  5. 骨髄バンクについて

骨髄バンクについて

命のボランティア、ドナー登録

 骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血球や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、健康な方の造血幹細胞と入れ替える(ドナーから採取された造血幹細胞を点滴静注する)ことにより、造血機能を回復させる治療法です。

 日本では「骨髄バンク事業」を1992年から開始し、移植を必要とする方と造血幹細胞を提供してくれる方とを結びつけ、多くの患者さんを救ってきました。

しかし、毎年少なくとも2,000人程度の患者さんが移植を必要としており、一人でも多くの患者さんを救うためには、一人でも多くのドナー登録が必要です。

 骨髄バンクのドナー登録にご協力ください。

ドナー登録の条件

  • 骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している方
  • 年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
  • 体重が男性45kg以上/女性40kg以上の方

骨髄移植が有効といわれる疾患名

 白血病・骨髄異形成症候群(MDS)・再生不良性貧血・先天性免疫不全症・先天性代謝異常疾患 等

 

詳しくは http://www.jmdp.or.jp/ (骨髄バンクホームページ) をご覧ください。

署名

健康保健課保健係
電話:0268-64-8882 | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:kenko-hoken@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2019年9月11日

▲このページの先頭へ