1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. まちづくり>
  4. 地域おこし協力隊>
  5. 地域おこし協力隊を募集します…

地域おこし協力隊を募集します(ワインを軸とした観光プロモーション)

東御市は、長野県の東部に位置し、北は上信越高原国立公園の2,000m級の浅間連峰がそびえ、南は八ヶ岳中信高原国定公園の蓼科山、八ヶ岳連峰の雄大な山なみが見渡せる、豊かな風土と歴史に育まれた地方都市です。
気候は、日照時間が長く、降水量が少ない典型的な内陸性気候です。この風土と独特の地形・地味に由来するテロワールが上質なワインを育むことから、近年では“新しいワインの銘醸地”として全国から注目を集めています。
東京から車で2時間半、電車で1時間半の距離にあってアクセスが容易なことから、上信越高原国立公園のなかでも恵まれた山岳高原エリアとして人気の高い「湯の丸高原」を中心に、多くの観光客が訪れています。
こうした“地域の強み”を活かしながら、個性豊かな“地域の食・物産”のブランド力、新たな魅力である「東御ワイン」等を活かした効果的なプロモーションにより、東御ファンを増やし、何度も訪れたくなる観光地域づくりに取り組んでいます。

今回応募する地域おこし協力隊は「地域の魅力創造」という視点から、ワインを基軸とした“観光地域づくり”に意欲的に活動をしていただける方を募集します。

現在東御市の観光分野で活動している地域おこし協力隊は4名。
田中駅前の観光案内所(観光協会事務所)やを拠点に、新しいツアーやイベントを考えたり、地域のイベントに参加させていただいたり、東御市の観光案内を行っている隊員が2名。
湯楽里館ワイン&ビアミュージアムでワインコンシェルジュとして活躍している隊員が2名。
それぞれのメンバーが前歴を活かしながら、東御市で新しい挑戦をしています。ぜひ、東御市を一緒に盛り上げていきましょう!

詳細は信州とうみ観光協会ホームページををご覧ください。

  更新日:2020年3月5日

▲このページの先頭へ