1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. まちづくり>
  4. 地域おこし協力隊>
  5. 地域おこし協力隊の紹介

地域おこし協力隊の紹介

地域おこし協力隊とは

地域おこし協力隊とは、都市部の人材を地方の新たな担い手として受け入れ、地域活性化に向けた各種の支援活動等に従事し、あわせて定住・定着を図っていく制度です。
各隊員は、これまでの職業や特技を活かして、中心市街地活性化、地域情報発信、観光地域づくり、地域づくり・移住定住支援、スポーツ振興、観光プロモーションの各分野に分かれて、市の活性化に向けた新しい発想による支援活動を行っています。

隊員の紹介

畑中 麻貴子 隊員(観光地域づくり支援担当)2019年8月~

畑中

田中駅に隣接する観光情報ステーションで8月より活動をはじめた畑中です。
東京では、編集者、ドールのお洋服作家といったものづくりを経て、ヨガインストラクター、花療法セラピストなど心と体づくりのお仕事をしていました。
人が生きる栄養となる「楽しむこと」「健やかさ」「癒し」の探求から、より「心地よく暮らす」環境を求め東御市にやってきました。
東御市は知れば知るほど、土地も人も穏やかで魅力溢れる特別な場所と感じています。
この思いを大切に地域の魅力を全国~世界に向けてお伝えし、たくさんの方々に東御市に遊びに来ていただいて魅力を体験していただけるよう力を尽くしたいと思っています!

杉田 夕子 隊員(地域情報発信支援担当)2019年7月~

②杉田

東京でテレビ番組やWebサイトの制作会社で表現する楽しさ・人に感動を与えたい想いがあって携わってきました。
歳を重ねて今後の暮らし・価値観を見直す機会が増え、何を大切にしたいかを考えた時に、人の役に立ちたい!新たなチャレンジをしたく移住を決めました。
協力隊として、7月から地域情報発信支援を担当します。私のような東御市1年生が気付いた地域情報や体験したことを発信し、プロモーションにつなげていけたらと思います。
協力隊という試みを挑戦できる環境で、できることから小さくても進めていきます。どうぞよろしくお願いします!

藤井 幸子 隊員(芸術文化支援担当)2019年7月~

①藤井

7月から、東御市の芸術文化をサポートするため就任しました。
主に静物を専門に撮影するフリーフォトグラファーとして、都内を中心に活動していました。
お遊び写真で星空を撮りたくて、長野県をたびたび訪れるようになり、その満天の星空の美しさや自然の雄大さに感動し、いつかこんなところに住んでみたいと思っていました。
住宅ばかりの無機質な景色から、四季を感じられる景色の中で過ごす日々を楽しみながら、アーティストや作家の方々の出会いや結びつきのきっかけ作りや、東御市の皆さんにアートをもっと身近に感じてもらえるように、芸術文化を盛り上げていきたいです!

下岡 稜児隊員(中心市街地活性化支援担当)2019年4月~

下岡

阿波の国徳島からやってまいりました。
雪なし県ですが、暇さえあればすぐに雪山に行くほどのスキー好きです。
今まで長野県で生活することがなかったので、東御での生活を楽しみながら、中心市街地活性化の担当として持ち前の明るさで街全体を盛り上げて東御市に貢献していきたいです。
分からないことだらけですがどうぞよろしくお願いします。

平井 義一 隊員(農畜産物の生産振興支援担当)2019年4月~

平井

求人広告≪地鶏の生産、ブランディング、加工販売≫を目にして、札幌市から東御市へ張り切って参りました。
前職は札幌市近隣の飲食、宅配弁当、仕出し、冷凍食品製造を手掛ける会社で広報&冷食販売業務を担当しました。
協力隊員として、「とや原ファーム」で地鶏「信州黄金シャモ」の飼育から加工販売までを行っています。

本多 慶考 隊員(観光地域づくり支援担当)2019年4月~

本多

「永遠など無い。この世の全ての物事は消え去る」と思っています。
そうすると。「人生設計」や「老後」という類いの概念とは縁遠くなり、自転車で日本一周、四国遍路、東海道歩き、カトリック巡礼道歩き、信州へ移住、という類いの道楽(人生の道程を楽しむ)が現れます。
近頃は新たな道連れとして、妻とワインが加わりました。迷子になることも多い私ですが、行きつ戻りつも楽しみつつ、東御での時を過ごしていきます。

水間 源 隊員(スポーツツーリズム振興担当)2019年2月~

水間さん(新隊員)

2月1日、地域おこし協力隊として着任しました水間 源です。
主に湯の丸高原スポーツ交流施設を中心とする、スポーツツーリズム振興のお手伝いをさせていただきます。
5歳から水泳を始め、学生時代は競泳選手として合宿漬けの日々でした。
その経験を活かして、東御市の皆さまと協力・連携しながら、アスリートのサポートをしていければと考えています。
東御の暮らしを楽しみながら、東御市の魅力を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

和田 寛子隊員(観光プロモーション担当)2019年2月~

和田さん

新しく地域おこし協力隊として着任しました、和田寛子 です。
4月11 日にオープンする「ワイン&ビアミュージアム」 でコンシェルジュとして仕事をさせていただきます。
海外での教員生活が長いのですが、昔から(20 歳を過 ぎてから)大好きだったワインに関わる仕事をする為、帰国後は東京にあるワインの輸入会社に転職をし営業をして おりました。
『日本人はワインを飲むとき緊張しているよね』 と、フランスの生産者が言っ ているのを聞いて、確かにそ うだな、と思いました。
とりあえずビールならぬ「とりあえずワイン」と言えるくらい身近なものになってくれると嬉しいで す。一緒に楽しく飲んで食べて、日本ワイン、東御ワイン を盛り上げていきたいです。

上薗美千代隊員(スポーツ振興支援担当)2018年4月~

上園美千代さん

都内で子どもに体操を教えるインストラクターをした後、6年前から長野県にて自然体験活動に携わり、夏はアクティビティ、冬はキッズパークの運営をしてきました。
また、信州外あそびネットワークの事務局として、信州の子どもたちの外遊びの日常化を目指した活動もしてきました。

山本恵子隊員(観光プロモーション支援支援担当)2018年4月~

山本恵子さん

はじめまして!大阪から来ました。信州大学農学部在籍当時、長野県の環境や人の良さに魅了され、いつか長野県に住みたいと思い続けて早○○年……
ついに念願がかないました!観光プロモーション担当として、東御市の魅力をどんどん発掘、発信していきたいと思います。

大久保 真平隊員(観光地域づくり支援担当) 2017年10月~

大久保さん

湯の丸山に登山で訪れた時、山頂からの景色の素晴らしさはもちろんですが、市内のどこでも感じられる景色の素晴らしさに魅了されました。
また、市内のワイナリーを訪れ、ワイナリーの「特色」や「こだわり」といった個性的なワイナリー展開に精力的に取り組んでいることを目の当たりにしました。
登山、温泉、自然、畑で育つ様々な野菜や果物。そして、ぶどうが作り出すワインなど、私は東京都の出身ですが、多くの魅力ある東御市に魅了され、東御市を訪れていました。
東御市を訪れるにつれて、東御市を訪れる方が増え、交流や循環のあるまちづくりや地域おこしにかかわらせていただきたい、その思いが深まり、今の私があります。
「また訪れたい・また味わいたい・そして新たな魅力を見つけたい」、そんな東御市を目指して、私自身が東御市に溶け込み、かかわらせていただく中で、東御市の皆さんとともに、「東御のよさ」をひろげる観光プロモーション活動に全力で取り組みます。

署名

地域づくり・移住定住支援室地域づくり・移住定住支援係
電話:0268-71-6790 | ファクシミリ:0268-64-5610
メール:chiiki@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2019年8月23日

▲このページの先頭へ