1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. 東御市の産業>
  4. 農業>
  5. 北御牧地域におけるクマ目撃について

北御牧地域におけるクマ目撃について

平成28年12月15日午後4時頃に、北御牧地域でクマらしき動物の目撃情報がありましたが、この度目撃者の方に撮影していただいた写真から、カモシカの可能性が高いことが判明しました。

なお、ツキノワグマとカモシカには以下のような特徴があります。

 

獣種

ツキノワグマ

カモシカ

活動時間

主に夜行性

昼夜行性

性格

臆病な動物で、通常は人間に気が付けば、自ら逃げたり身を隠したりする。

好奇心が強く、温和で人懐こい。

人を見てもすぐには逃げない。

冬眠

12月頃~4月頃まで冬眠する。

しない

出産

12月に冬眠中に主に2頭の幼獣を産み、生後2 3年は母親と生活

56月に主に1頭の幼獣を産み生後1年は母親と生活

体色

白~黒褐色(個体差、地域差が極めて大きい)