1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. 東御市について>
  4. 東御市の紹介>
  5. 東御市民憲章

東御市民憲章

東御市民憲章

東御市は、烏帽子、蓼科をはじめとした雄大な山並み、千曲の清流がおりなす豊かな風土と長い歴史に育まれた美しいまちです。自然の恵みをうけた郷土は、先人たちの英知とたゆまぬ努力によって築かれました。
わたしたちは、このまちに生きることに歓びと誇りをもち、未来(あした)に輝くまちをつくるため、ここに市民憲章を定めます。

1、自然を大切にし、環境と調和した美しいまちをつくります。
1、ともに支えあい、健やかで安心して暮らせるまちをつくります。
1、思いやりの心をもち、子どもたちがのびやかに育つまちをつくります。
1、芸術や伝統に親しみ、文化の薫るまちをつくります。
1、活力ある産業を育み、若者がつどう豊かなまちをつくります。

平成18年10月3日制定

市民憲章にこめられた願い・誓い

東御市は、平成16年4月1日に旧東部町と旧北御牧村が合併して誕生しました。
豊かな大自然と古くから続く歴史に恵まれ、『さわやかな風と出会いの元気発信都市』を基本理念とし、自然を活かした農業や観光振興、バランスのとれた産業振興、生涯学習、保健・福祉の充実を一層推し進めて元気を発信する都市を目指しています。
市民憲章は、前文と、5つの項目で構成されています。
前文では、雄大な自然と歴史に恵まれた市の風土に誇りと愛着をもち後世に受け継いでいくことを表現し、それぞれの項目では、「美しいまち」、「安全・安心なまち」、「子供達がのびやかに育つまち」、「文化の薫るまち」、「豊かなまち」への想い・願いをこめています。
この市民憲章にだれもが親しみ、市民の心のよりどころとなるように願っています。

前文

烏帽子、蓼科をはじめとした雄大な山並み、千曲川の清流、美しい田園などの豊かな自然に育まれた風土に住む私たち市民一人ひとりが、先人達が築きあげてきた東御市に住むことに誇りを持ちながら幸せに暮らし、世界に元気を発信し自らが実践していくことを表現しています。

自然を大切にし、環境と調和した美しいまちをつくります。

豊かな自然をはじめとして、生きとし生けるものすべてを尊びそして慈しみ、環境を守りながら自然と調和した美しいまちづくりへの願い・誓いをこめています。

ともに支えあい、健やかで安心して暮らせるまちをつくります。

現代の社会においてもっとも重要である人と人の支えあい(=共生)、地域の絆を深め、お年寄りを大切にし、だれもが穏やかにそして幸せに暮らせるまちづくりへの願い・誓いをこめています。

思いやりの心をもち、子どもたちがのびやかに育つまちをつくります。

家庭ではもちろん市民みんながお互いを思いやる心をもち、認め合いながら接することを通じて、子どもたちが世界に飛躍する願いを込め、のびやかに育つまちづくりへの願い・誓いをこめています。

芸術や伝統に親しみ、文化の薫るまちをつくります。

市民一人ひとりが、芸術、伝統そしてスポーツに生涯を通じて親しみ学ぶことで、文化的なまちづくりへの願い・誓いをこめています。

活力ある産業を育み、若者がつどう豊かなまちをつくります。

両町村を支えてきた農林業と商工業のバランスのとれた発展により、次世代を担う若者がつどう豊かなまちづくりへの願い・誓いをこめています。

この件に関するお問い合わせは
企画財政課企画政策係
電話: 0268-64-5893 | ファクシミリ: 0268-63-5431
メール: kikaku@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ