1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 災害に備える>
  4. 備えること>
  5. 住宅用火災警報器を設置しまし…

住宅用火災警報器を設置しましょう

消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。火災を早期に発見し、逃げ遅れをなくすためにも早めに設置しましょう。

火災警報器とは

火災により煙や熱を感知し、音や音声などで警報をだします。

住宅用火災警報器はどこに設置するの?

  • 原則として寝室に設置してください。
  • 2階に寝室がある場合には、2階の寝室と階段上の廊下に必要です。
  • 台所には設置義務はありませんが、設置が望まれます。
    *寝室すべてと階段上の廊下には、煙感知器を設置してください。なお 台所に設置する場合は、熱感知器を設置してください。

住宅用火災警報器の取付位置

  • 天井に設置する場合、壁面から60センチ以上離して取り付けてください。
  • 壁面に設置する場合、壁面の天井から15~50センチ以内に取り付けてください。
    ※換気扇やエアコンの吹出し口からは1.5メートル以上離して取り付けてください。

住宅用火災警報器の購入

ホームセンター、電気店、防災用品取扱店などで購入できます。

悪質な訪問販売にご注意!

全国各地で消防職員を語るなど不適正な訪問販売が行われています。消防署または消防職員が住宅用火災警報器の訪問販売をすることはありません。十分ご注意ください。

お問い合わせ先
上田地域広域連合消防本部東御消防署
電話:0268-62-0119 | ファクシミリ:0268-63-6119

▲このページの先頭へ