1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 青少年健全育成>
  5. 「家庭の日」を推進しています

「家庭の日」を推進しています

家庭の日とは

「家庭の日」運動は、1955年(昭和30年)に鹿児島県の小さな町で生まれました。家庭の中での家族の絆が薄れつつあることから「家庭を大切に」という願いと、当時ほとんど休みのなかった農業従事者のために「農休日」をという考えが一緒になって生まれました。その後全国的に家庭の日が普及し、長野県、東御市でも、毎月第3日曜日を「家庭の日」と定めています。

家庭は、ふれあいと安らぎの場であるとともに、青少年の人格が形成される基盤です。また、人との関係のあり方や社会のルールを学ぶ場でもあります。

これらのことを家庭や地域が再認識し、「心豊かで明るい家庭」づくりを進めることが望まれています。「家庭の日」をきっかけにして、家庭の大切さや家族のあり方について見つめ直してみましょう。

たとえば、こんな「家庭の日」を過ごしてみませんか

ゲームやインターネット機器(パソコン、スマホ等)から離れて、家族の団らんや話し合いの時間を作りましょう。

 家族みんなが集まって、今日あったことを楽しく話し合いましょう。

 大人は、子どもの話を最後まで聞ける心のゆとりを持ちましょう。

 家族の絆づくりは、まず会話からです。

家族そろって「いただきます」。家族で食事をする機会を持ちましょう。

 食事は、人間形成の基盤です。忙しいお父さんお母さんも、休日には家族そろって、ゆっくりと会話をしながら、食事をしましょう。

家族みんなで協力して、仕事を分担して、お互いを支え合いましょう

 掃除や食事の準備など、簡単なことでもみんなで分担すれば、家族が助け合って生活することの大切さが実感できます

地域の行事や奉仕活動などに、家族みんなで参加して地域の人々と交流しましょう。

 近所の大人や異年齢の子どもたちと触れあうことは、子どもの社会性を育てることになります。

 また、地域の方とのつながりは、親にとっても大切なことです。

スポーツやレクリエーション、芸術鑑賞など、家族で一緒に楽しみましょう。

 家族で旅行をしたり、遊んだり、家族で過ごす楽しい時間を作りましょう。一緒に楽しむ中で、お互いの理解が深まります。

県ではこんな取り組みを行っています

○家庭の日優待施設の割引券を頒布しています。

詳しくはコチラをご覧ください ⇒家庭の日優待制度

東御市ではこんな取り組みが行われています

○広報紙・カレンダーへの掲載
○エフエムとうみによる啓発放送

お問い合わせ先
教育課青少年教育係
電話:0268-64-5906 | ファクシミリ:0268-64-5610
メール:seishonen@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ