1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 生活支援保護>
  5. 生活保護制度と手続き

生活保護制度と手続き

生活保護制度

生活保護は、働ける方は能力に応じて働いたり、資産を積極的に活用したり、親子・兄弟などに援助を頼んだり、年金・手当など他の法律や制度で受けられるものはすべて受けるなど、家族全員でせいいっぱい努力しても、なお生活していけないときに、最低限度の生活を保障すると共に、一日も早く自分たちの力で生活できるように援助する制度です。

生活保護の種類はこちら

生活保護を受ける前に

  • 働ける方は、その人なりに十分働いて収入をあげ、家族の生活の支えになっているかどうか。
  • 今の生活に直接関係のない財産、または他の方法で利用することができる財産を、生活費に代えることができないかどうか。
  • 年金・恩給・手当など、他の法律や制度で定められている援護、または給付を受けているかどうか。
  • あなた方と生活を別にしている扶養義務者(親子、兄弟、姉妹、祖父母、孫)から、援助を受けられないかどうか。

これらのことを十分に努力してもなお生活ができないときに、はじめてその足りない分を生活保護で援助することになります。

したがって、あなたのご家族にこのことを良く理解していただき、まず家族が協力して、自分たちの力で生活できるよう努力してみる必要があります。

なお、消費者金融や住宅ローンなどの借金(負債)については、生活保護では解決することはできませんので、法律相談などを活用してください。

生活保護の手続き

生活保護を受けようとしている本人、家族(親子、兄弟、姉妹)などの方が、福祉援護係(総合福祉センター)で生活保護の相談・申請を行ってください。

申請時に必要なもの

  • 申請者の印鑑(認印)

以下は、家族全員の分

  • 預貯金通帳(銀行、郵便局、農協、漁協等)
  • 給与明細書(最近3カ月の分)
  • 各種年金、恩給、手当などの証書及び通知ハガキ
  • 健康保険証、被爆者健康手帳、生命保険証書
  • その他、収入、資産が分かる資料

お問い合わせ先
福祉課福祉援護係
電話:0268-64-8888|ファクシミリ:0268-64-8880
メール:fukushi@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ