1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 生活支援保護>
  5. 児童に関する手当

児童に関する手当

児童手当についてお知らせ

 子ども手当は、平成24年4月から、「児童手当」に名前が変わり、新しい手当制度に変わりました。
 また、24年6月の手当からは所得制限が導入されることになりました。

児童手当

 「児童手当」は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援することを目的に、児童を養育する方に支給される手当です。

1支給対象者(請求者)

 ・出生から中学校3年生修了(満15歳になった最初の3月31日)までの児童を養育している方
 ・請求者は、父または母で、ご家庭での生計中心者 (注1)
 ・子どもを養育している方が、ご両親以外の方でも、児童手当を受け取ることができる場合があります。詳しくは、福祉課福祉推進係までお問い合わせください。
 ・公務員(請求者)の方は、勤務先からの支給となります。(勤務先に申請をしてください。)

 (注1)生計中心者とは、父母双方が就労している場合、所得が高く、児童を税法上扶養としている方や、児童と同一の健康保険に加入されている方をいいます。

2支給金額

子どもの区分
子ども1人あたりの支給額
 3歳未満 一律15,000円
 3歳以上~小学校修了前 10,000円{第3子(注2)以降は15,000円}
 中学生
 一律10,000円
 ただし、支給対象者の所得が
 所得限度額を超過した場合
 一律5,000円

 (注2)児童手当の支給要件で「第3子」とは、年度末の3月31日時点の年齢が18歳以下の子の中で、上から3番目の子。

 

3所得制限

平成24年6月分より所得制限が導入されました。

  • 毎年6月に行われる現況届において、審査を行います。
  • 1月2日以降に東御市に転入された方は、1月1日に住所のあった市町村から発行される「前年中所得の所得証明書」の提出が必要になります。

 

4手当支払月及び支給日

 6月・10月・2月 (原則年3回)

 支給日は、上記各月の10日。(10日が休日等の場合は直前の平日)

5手続きについて

①認定請求が必要な場合

  • 子どもが生まれたとき
  • 東御市に転入したとき
  • 養育する対象児童が増えたとき
  • 公務員であった受給者が公務員でなくなったとき

②請求時に必要なもの

  • 認印
  • 請求者(生計中心者)名義の普通預金通帳
  • 厚生年金等に加入されている請求者は、請求者及び対象児童の健康保険証の写し
  • 対象児童と別居しているときは、対象児童の世帯全員の住民票

③その他の申請(資格喪失届・変更届等)

  • 児童を養育しなくなったとき
  • 請求者が東御市から転出するとき
  • 請求者が公務員になったとき
  • 振込金融機関・口座番号を変更するとき(請求者名義の口座に限ります。)
  • その他住所・氏名等申請内容に変更があるとき

 

6その他

 ①お子さんが別居しているとき

  受給者の転勤に伴う単身赴任や、お子さんが学校に通学のためなどの理由により別居しているときでも、お子さんを監護し、生計を同一にしていることを申し立てることにより児童手当を受け取ることができる場合があります。

 ②海外にお子さんが住んでいる方

  原則として、お子さんが日本国内に住んでいる方に、児童手当を支給します。ただし、お子さんが海外に留学しているときは、児童手当を受け取ることができる場合があります。

 ③両親が離婚協議中で別居しているとき

  父母が離婚協議中で別居しているときは、子どもと同居している方に優先的に支給される場合があります。

 ④お子さんが、児童福祉施設に入所されている場合

  お子さんが施設に入所している場合や里親等に委託されている(預けられている)場合は、原則として、その施設の設置者や里親等に児童手当を支給します。

 

※ご注意

児童手当請求が認定された場合、手当の支給は、請求した日の属する月の翌月分からの支給となります。

  • 請求手続が遅れた場合、さかのぼっての支給ができませんのでご注意ください。
    請求手続の時期
    ・出生の場合は、出生日の翌日から15日以内
    ・転入の場合は、転入の翌日から15日以内(他市町村へ転出の場合は、転出予定日の翌日から15日以内に転出先の担当窓口)
  • 公務員(請求者)の方は、勤務先からの支給となります。ただし、独立行政法人の職員、公益法人等への派遣職員の方は、東御市からの支給となりますので請求手続きをしてください。なお、請求にあたっては、あらかじめ職場の人事担当部署にご確認ください。

児童扶養手当(ひとり親等に対する手当)

児童扶養手当は、離婚や死亡により、父または母と生計を共にしていない18歳までの児童を養育している父母、または養育者に支給されます。

なお、支給には必要書類、用件、所得制限等があります。

詳しくは、「母子・父子に関する援助」の中の、「児童扶養手当(ひとり親等に対する手当)」をご覧ください。

お問い合わせ先
福祉課福祉推進係
電話:0268-64-8888|ファクシミリ:0268-64-8880
メール:fukushi@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ