1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 災害に備える>
  4. 特別警報について

特別警報について

 気象庁はこれまで、大雨や地震などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼び掛けてきました。
 この警報の発表基準をはるかに超える激しい大雨や地震などが予想され、重大な災害の危険性が高まっている場合、「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。
 特別警報の対象となる災害は、東日本大震災における大津波や、伊勢湾台風の高潮、平成23年台風第12号、平成24年7月九州北部豪雨など、長野県では岡谷市などで発生した土砂災害「平成18年7月豪雨」相当の災害が該当します。
 特別警報は、テレビやラジオなど様々な方法で伝えられます。周囲の状況や避難指示・勧告などに留意し、避難所や安全な場所への避難など、直ちに命を守る行動を取ってください。

 特別警報の詳細は、気象庁ホームページでご確認ください。     (http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/index.html

▲このページの先頭へ