1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. 東御市の産業>
  4. 農業>
  5. 野生動物(サル・イノシシ)に…

野生動物(サル・イノシシ)について

野生鳥獣を捕獲することは、法律で禁じられています。

野生鳥獣(サル、イノシシ、クマ、ヌートリア、ノウサギなどの哺乳類及び鳥類)を法定の手続きをせずに捕獲することは鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)で禁じられています。ただし、ネズミ、モグラ類はこの法律の対象外で、この手続きをする必要はありません。

野生鳥獣を捕獲できるのは次の場合に限られており、対象鳥獣も異なります。

有害鳥獣許可を得て行う場合
有害鳥獣駆除等として、市町村長等の鳥獣捕獲許可を得て捕獲する場合。例えばイノシシから農作物被害を守る場合は、市町村長へ鳥獣捕獲許可申請を行い、許可を受けた場合にはじめて捕獲することができます。

狩猟行為として行う場合
狩猟期間内(11月15日から翌年2月15日まで)に鳥獣保護法に基づき狩猟行為として行う場合。なお、法定猟具(銃器、網、くくりワナ、はこワナ、はこおとし、とらバサミ、囲いわな)で捕獲する場合は原則的に狩猟免許及び狩猟者登録が必要です。

※農作物被害を野生鳥獣から守るために捕獲する場合であっても、例外規定はありません。上記以外に野生鳥獣を捕獲した場合は鳥獣保護法違反により、罰則が課せられる場合があります。

市内における野生動物

サルについて

市内において不定期にサルが出没しています。サルにはエサを与えにないようにするなど、その場所にとどまらせないようにすることが重要です。

また、一般的には花火などで追い払う方法が有効とされています。食べ物を求めて移動するので、その点に気をつければ危害はないと思われます。

イノシシについて

市内の山間部の一部では不定期にイノシシが出没し、農作物を荒らすことがあります。イノシシは夜行性のため昼間に目にすることは少ないのですが、畑などに被害が出たような場合は、農政課耕地林務係までご連絡ください。

電気柵等の購入経費に対する補助制度がございます

有害鳥獣による農林業被害を防止するために電気柵等を購入する場合、補助金が交付されます。
 補助金の額は購入経費の3/10以内とし、10万円を限度としています。

 

申請用紙は下記よりダウンロードできます。

補助金請求書(PDF 74.0KB)

▲このページの先頭へ