1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. 東御市の産業>
  4. 農業>
  5. 農業振興

農業振興

東御市の農業は、恵まれた自然環境と特有の気候風土のもとに、農業者の高い技術とたゆまぬ努力により、産業の基幹的役割を果たし、市の発展を支えています。

特に、生産性の高い農業を確立するために、土地改良事業をはじめ施設・機械化の推進、集会研修施設等の整備とともに、農地流動化の推進、経営体づくり等ハード、ソフトの両面にわたり各種施策を講じてきました。

その結果、果樹や野菜、花卉(かき)といった収益性の高い作目の団地化、定着化が図られ、また、稲作、花卉(かき)、きのこ、畜産部門における法人化や兼業農家、高齢農家を含めた多様な農家の参画による集落農業の展開、農産物加工や環境保全型農業等の取り組みが広がりつつあります。

しかし一方では、都市化の進展による優良農用地の減少、輸入農畜産物の増加に伴う価格の低迷、農業従事者の高齢化の進行や新規就農者の減少が進む中で、農業経営を取り巻く情勢は年々厳しさを増しています。特に中山間地域では、高齢化・過疎化の進行に併せ、遊休・荒廃農地の増大が一層進行しています。

このような状況の中で、新しい地域農業の仕組みづくり(地域営農システムの構築)や農業を支える人づくり(経営体の育成、新規就農者の受け入れ等担い手の確保・育成、女性農業経営者の育成等)計画的な土地利用と農地の有効利用の促進、個性的で活力に満ちた産地づくり、うるおいのある農村生活環境の整備、都市農村交流の推進、環境と共生する農業・農村の形成を図ります。また中山間地域では、生活環境の整備と地域の自然と風土を生かした農業振興を図ります。

農業を取り巻く環境は日々変化しています。東御市では、豊かで住みよい、活力のある市づくりを進めるため、次のとおりの方針に基づき、農業及び地域の振興に関する施策を計画的に行うべく対応していきます。

(1)

農業の担い手の育成と確保並びに地域特性を活かした農業振興

(2)

魅力ある農業経営、収益性の高い地域農業の確立

(3)

農業振興に結びつく基盤整備と土地利用の推進

(4)

優良農地の継続的確保

(5)

食と農業に関する教育の推進と農村文化の伝承

(6)

自然と共生する環境保全型農業の推進

(7)

生産食料の安全性確保と自給率の向上

(8)

生産者の顔が見える農業、消費者との交流の促進

(9)

河川等の良好な水質と山林の維持・保全

(10)

ごみ投棄の禁止対策、自然環境破壊の防止対策の確立

(11)

省資源、資源再利用の推進

お問い合わせ先
農林課農政係
電話:0268-64-5894|ファクシミリ:0268-64-5881
メール:nousei@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ