1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 高齢者福祉>
  5. 地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護・福祉・保健・医療に関する総合相談窓口として設置された機関です。保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの専門職員を配置し、それぞれの専門性を生かし、連携・協働しながら高齢者とそのご家族を支援します。

なんでもご相談ください

高齢の皆さんやそのご家族、近隣に暮らす方の介護に関する悩みや問題に対応します。介護に関する心配ごと、悩み以外にも、健康や福祉、医療や生活に関することは何でもご相談ください。

自立して生活できるように支援します

要支援1・2と認定された方は、介護保険の介護予防サービスを利用できます。

支援や介護が必要となる恐れの高い方や、自立した生活をしている方などは、市が行う介護予防事業を利用できます。介護予防事業の詳細についてはこちらへ

みなさんの権利を守ります

高齢者のみなさんが安心して暮らすために、みなさんのさまざまな権利を守ります。成年後見制度の紹介や、虐待を早期に発見したり、消費者被害などに対応します。

さまざまな方面からみなさんを支えます

地域のケアマネージャーの指導・支援や関係機関とネットワークの構築などにより、高齢者の皆さんが暮らしやすい地域づくりを支援します。

その他にもいろいろやっています

◇認知症サポータ養成講座

 地域の団体の方の希望に応じて出前講座を行っています。この講座を通して、一人でも多くの方が認知症について正しく理解し、認知症の方やその家族を見守り、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指しています。

 

◇配食サービス

 概ね65歳以上の一人暮らしの高齢者及び高齢者世帯等であって、身体の機能低下、心身の障害及び傷病等の理由により食事の調理が困難な方に食事を提供します。

 

◇ボランティア育成

 にこにこヘルスサポーター養成講座などを通してボランティアの育成をします。にこにこヘルスサポーターの中には地域の介護予防教室などで活動していただいている方もいます。

 

※上記以外にも認知症の早期発見やその対策、徘徊高齢者家族支援、介護者教室などさまざまな取り組みをしています。

このページに関するお問い合わせ

東御市地域包括支援センター(総合福祉センター内)TEL64-5000

午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日および年末年始を除く)

※緊急時は、時間外でも連絡がとれる体制を整えています。

▲このページの先頭へ