1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 国民健康保険・国民年金・後期… >
  5. 後期高齢者医療保険料と保険料…

後期高齢者医療保険料と保険料の軽減について

保険料について

この制度では、お医者さんにかかった費用の一部にあてるため、保険料を負担していただくようになります。保険料は、広域連合の条例で定められ、長野県内は原則均一の保険料が設定されます。

保険料のしくみ(平成28・29年度)

保険料の軽減

保険料は、一人ひとり計算され、対象となる被保険者の方全員に納めていただきます。

軽減制度について

所得に応じた軽減

・均等割の軽減…世帯の所得に応じ、9割、8.5割、5割、2割を軽減します。軽減割合は、被保険者と世帯主の所得の合計で判定します。

 

所得(※1)が次の金額以下の世帯

軽減割合

軽減前

軽減後

33万円かつ被保険者全員が年収80万円以下で

その他の所得がない

9割軽減

40,907円

4,090円

33万円

8.5割軽減

40,907円

6,136円

33万円+(26万円5千円×被保険者数)

5割軽減

40,907円

20,453円

33万円+(48万円×被保険者数)

2割軽減

40,907円

32,725円

※1:所得と収入の違い
「所得」とは、前年の「収入」から必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額など)を引いた金額です。

・所得割の軽減…被保険者個人の所得で判断します。

所得が次の金額以下の方

所得割軽減割合

所得から33万円を引いた額が58万円以下の方

5割軽減

被用者保険(※2)の被扶養者だった方の軽減

  この制度に加入する前日まで、被用者保険の被扶養者であった方は、所得割はかからず、均等割が9割軽減されます。平成28年度、29年度の保険料は、4,000円です。

※2:被用者保険とは、全国健康保険協会管掌健康保険や組合管掌保険、共済組合など、いわゆるサラリーマンの健康保険のことです。市町村の国民健康保険や国民健康保険組合は、含まれません。

 

市民課国保年金係
電話:0268-62-1111 (内線1231、1232、1234)
電話:0268-75-8810 (直通)
メール:kokuho-nenkin@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ