1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 国民健康保険・国民年金・後期… >
  5. 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

制度の概要

「後期高齢者医療制度」は、従来の「老人保健制度」にかわり、平成20年4月1日から創設された新しい医療制度です。 この制度は、国民健康保険や社会保険のように独立した新たな医療保険制度であり、対象となる方(被保険者)には、後期高齢者医療制度の被保険者証が交付さ れ、保険料の負担をしていただくようになります。
老人医療費が増大する中で、世代間の負担を明確にし、公平で分かりやすくしていくための新たな制度となります。

対象となる方(被保険者)

75歳以上の方

 75歳の誕生日当日から対象となります。

65歳から74歳で一定の障がいがあると認定された方

 申請により、広域連合の認定を受けた日から対象となります。

★被保険者になられた方は、国民健康保険に加入していた方も社会保険等の被用者保険に入っていた方も今まで加入していた保険から脱退し、手続きすることなく後期高齢者医療制度へ加入していただきます。(保険証は75歳の誕生日までに郵送します。)

費用の負担

後期高齢者医療負担

医療費の総額のうち、窓口負担を除いた額を、公費50%・若年者の保険料40%・後期高齢者の保険料10%で負担します。

※窓口負担は1割負担、現役並み所得がある方は3割負担となります。

運営主体

後期高齢者医療制度の運営主体は、長野県のすべての市町村が加入する「長野県後期高齢者医療広域連合」です。
広域連合では、保険料の決定、賦課決定、医療費の支払いや高額療養費などの給付、障がいの認定を担当し、市町村では、保険料の徴収、申請や届出の受付や保険証の引渡しなどの窓口業務を担当します。

長野県後期高齢者医療広域連合が行う医療給付の内容、各種申請書様式、保険料の計算方法等に関する事項については、長野県後期高齢者医療広域連合ホームページをご覧ください。

制度のしくみ

高齢者後期医療制度の仕組み

被保険者証(保険証)

一人1枚カードサイズの保険証が広域連合から交付されます(送付は市から行います)。今まで加入していた国民健康保険や社会保険の保険証と高齢受給者証は不要となります。

長野県後期高齢者医療広域連合のホームページ

市民課国保年金係
電話:0268-62-1111 (内線1231、1232、1234)
電話:0268-75-8810 (直通)
メール:kokuho-nenkin@city.tomi.nagano.jp

長野県後期高齢者医療広域連合
電話:026-229-5320 | FAX:026-228-1850
メール:jimukyoku@koukikourei-nagano.jp

▲このページの先頭へ