1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 人生の節目に>
  4. 結婚・出産>
  5. 妊娠したときは

妊娠したときは

妊娠したときは

はじめての妊娠はハラハラ・ドキドキで不安なのではないでしょうか。

不安の解消やマタニティライフの過ごし方などについて、市ではいろいろな支援や相談事業を行っています。不安の解決策は、ひとりで悩まず、誰かに『話す』ことです。保健師がさまざまな不安や悩みの相談を受けています。お気軽にご相談ください。

 

 

妊娠届

 妊娠に気づいたら、先ずは医療機関を受診しましょう。医療機関で妊娠届出書を発行してもらったらすぐに健康保健課保健係まで届け出てください。

 

母子健康手帳発行

 妊娠の届け出をいただいたときに「母子健康手帳」を交付します。

 母子健康手帳は、妊娠中の経過や出産の状態、お子さんの健診結果や予防接種履歴などの大切な記録を残すための手帳です。妊娠期の安全な過ごし方や育児に関するアドバイスも載っているので、早めに手帳の交付を受けて上手に活用しましょう。また、お父さんのための「父子健康手帳」もお渡ししています。

 なお、母子健康手帳は、日本語のほか英語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語版もあります。

 

妊婦一般健康診査受診票交付

 母子健康手帳の交付に併せて「妊婦一般健康診査」の受診票を交付します。

 妊婦健康診査は、お母さんとおなかの中の赤ちゃんの健康状態を定期的に検査し、妊娠が順調かどうかをチェックする重要なものです。基本的な健診の費用は公費で負担しますので、受診票を持って必ず健診を受けましょう。

※基本的な健診に追加して行った検査や治療のための費用は自己負担となります。 

※県外の医療機関で受診する場合、公費負担分は補助金で交付します。健診費用は一旦窓口で全額お支払いいただき、後日、領収書を持って保健係まで申請してください。

 

妊婦歯周疾患検診受診券の交付

 母子健康手帳の交付に併せて「妊婦歯周疾患検診」の受診券を交付します。詳しくは東御市妊婦歯周疾患検診をご覧ください。

 

もうすぐママ・パパ学級 (母親学級)

 これからお父さん、お母さんになる方のための教室です。妊娠や出産について知っておきたい事や、育児について楽しく学びましょう。

また、病院では聞きにくい質問に助産師・保健師がお答えします♪

対象

妊婦およびその家族

場所

東御市総合福祉センター2階 保健センター

持ち物

母子健康手帳、筆記用具

内容

第1回:妊娠中の生活、異常と対策について

第2回:ママパパクッキング 離乳食の基本
   (持ち物:エプロン、三角巾、ふきん、材料費400円/1人)

第3回:沐浴実習(赤ちゃん人形を使って) 産後の生活 おっぱいケアと授乳方法

スタッフ

助産師・保健師・栄養士・保育士

備考

動きやすい支度でお越しください。

託児を希望される方は、開催日の前日までにご連絡ください。

第2回に参加される方は、1週間前までにお申し込みください。(食材発注のため)

所要時間は、概ね半日の予定です。

 

平成29年度日程

日        程

受付時間
第1回5月17日(水)8月7日(月)11月15日(水)平成30年2月15日(木)午前9:00~9:15
第2回6月2日(金)8月25日(金)12月1日(金)平成30年3月2日(金)午前9:00~9:15
第3回6月10日(土)9月9日(土)12月9日(土)平成30年3月10日(土)午後12:45~1:00

 

妊婦相談訪問

 保健師または助産師がお伺いして、お母さんの健康、妊娠から出産、育児等に関する様々な不安や悩みの相談をお受けします。

署名

健康保健課保健係
電話:0268-64-8882 | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:kenko-hoken@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ