1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 介護保険>
  5. 介護サービス事業者向け情報>
  6. 訪問介護(生活援助中心型サー…

訪問介護(生活援助中心型サービス)が厚生労働大臣が定める回数以上となるケアプランの届出について

平成30年10月1日より、ケアプランに位置付けた訪問介護(生活援助中心型サービス)の回数が厚生労働大臣が定める回数以上となる場合は、ケアマネジャーは保険者へケアプランの届出が必要となります。


1 届出の対象

下表の回数以上の生活援助中心型サービス(注1)を位置付けたケアプラン(平成30年10月1日以降に作成又は変更したもの)が届出の対象となります。


【厚生労働大臣が定める回数(1月当たり)】

要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
27回34回43回38回31回

(注1)身体介護に引き続いて生活援助を提供するサービス(サービスコード上の表記が「身体〇生活〇」となっているサービス)については対象となりません。


2 届出の期限

居宅サービス計画を作成又は変更した月の翌月の末日


3 届出先

福祉課高齢者係

 

4 届出に必要な書類

  • 訪問介護(生活援助中心型サービス)が規定回数以上となるケアプランの届出書
  • 居宅サービス計画書(1)(注1)
  • 居宅サービス計画書(2)
  • 週間サービス計画表
  • サービス担当者会議の要点
  • 居宅介護支援経過(注2)
  • サービス利用票
  • サービス利用票別票
  • 訪問介護計画書(注3)


(注1)居宅サービス計画書(1)は、利用者に交付し署名があるものの写し。
(注2)居宅介護支援経過は、生活援助中心型の訪問介護を位置付けた理由を記載したページのみの提出で可。
(注3)訪問介護計画書は、訪問介護事業所から提供を受けたもの。

  

訪問介護が規定回数以上となるケアプランの届出書(xls 38kb)
訪問介護が規定回数以上となるケアプランの届出書(pdf 80kb)

  

5 留意事項

  • 居宅サービス計画に厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護を位置付ける場合は、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から訪問介護利用の妥当性を検討し、当該居宅サービス計画に訪問介護が必要な理由を記載してください。
  • 届出のあった居宅サービス計画については、地域ケア会議の開催等による検証を行い、必要に応じて計画の内容の是正を求めることがあります。
  • 給付実績により未届であることが確認された場合は、届出を求めることがあります。

   

6 参考通知

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準について(pdf 183kb)
介護保険最新情報vol.652「厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護」の公布について(pdf 179kb)

署名

福祉課高齢者係
電話:0268-75-5090 | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:kaigo@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2018年9月21日

▲このページの先頭へ