1. トップページ>
  2. 市政情報>
  3. まちづくり>
  4. 人権尊重のまちづくり>
  5. 「部落差別解消推進法」が施行…

「部落差別解消推進法」が施行されました

すべての人が尊重されるまちづくりをめざして

部落差別解消推進法とは・・・

平成28年12月16日に「部落差別解消推進法(正式名称:部落差別の解消の推進に関する法律)」が施行されました。

 この法律は、部落差別は許されないものとして、部落差別を解消することが重要な課題だと規定しています。

インターネット上で悪質な差別情報が氾濫しており、また結婚差別や就職差別につながる身元調査事件等の差別事象の発生など、国、地方公共団体は早急に部落差別解消のため取り組みを進めなければならない状況にあります。そのような状況の中で、この法が制定されました。

市では、東御市人権尊重のまちづくり条例を平成16年に制定し、これにより人権施策の基本方針・基本計画に基づき、同和問題をはじめ様々な人権課題について、教育・啓発事を実施しています。

人権問題を正しく理解し、人権意識を高めていくことが、一人ひとりの思い込みや偏見をなくし、部落差別をはじめとするあらゆる差別をなくしていくことにつながり全ての人が尊重されるまちづくりにつながります。

 この法律の趣旨をふまえ、部落差別の解消を推進するため、より一層有効な人権施策に取り組んでいきます。

部落差別の解消の推進に関する法律(pdf 39kb)

署名

人権同和政策課人権同和政策係(東部人権啓発センター内)
電話:0268-64-5902| ファクシミリ:0268-64-5011
メール:jinken-douwa@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ