1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 健康>
  5. 不妊治療費補助金

不妊治療費補助金

不妊治療を受けているご夫婦に、治療費の一部を補助します。

1.補助金を受けることができる方

不妊治療を受けているご夫婦で次のいずれにも該当する方

(1)法律上の婚姻をしている夫婦であること

(2)夫婦双方または一方が、申請日の1年以上前から東御市に住民登録されていること

(3)夫婦に市税等の滞納がないこと

2.補助の対象となる不妊治療

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)以外の保険適用外の不妊治療医療費。ただし、次に該当する場合は対象になりません。

①夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供、代理母・借り腹による不妊治療

②同年度に他市町村の不妊治療費補助金を受けている場合

3.補助金の額

補助対象医療費の2分の1の額で、1年度あたり20万円を上限。

4.補助金の対象期間

通算5年度まで対象となります。※申請は1年ごとにお願いします

ただし、他の地方公共団体で同様の補助金の交付を受けた場合は、あわせて5年度までとします。

5.申請に必要な書類

①東御市不妊治療費補助金交付申請書(請求書) ※健康保健課保健係の窓口にあります

②不妊治療補助金受診等証明書(医療機関用・薬局用)、明細書・領収書 ※領収書はコピー可。原本を持ってきていただいた際には、コピーを取ってお返しします。

③住民であることが証明できる書類(夫婦の住民票で本籍、筆頭者の省略のないもの)

④夫婦であることが証明できる書類(戸籍謄本) ※国際結婚、夫婦別姓などの場合のみ。住民票で確認できる場合は省略可。

⑤市税等の領収書または納税(納付)証明書 ※保健係で税務課等に納税状況を確認して良い場合は、申請書最下段の余白に次の参考文例により、その旨を記入してください。

【文例】  本申請に当たり、私達夫婦が東御市に納付すべき市税等の納付状況を、
      事務局が調査することを承諾します。   (夫婦2名の氏名) ㊞

 

6.申請書の提出期限

不妊治療を行った年度(4月1日~翌年3月31日)の対象経費分を、年度末日までに申請してください。年度末の申請が難しい場合は保健係までご連絡ください。

7.その他

補助対象の例人工授精、保険外超音波検査、AMH(抗ミュラー管ホルモン)、卵子・精子凍結
補助対象外の例

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)※
保険適用の不妊治療(タイミング療法、クロミッド療法、HMG-HCG療法等)

長野県では特定不妊治療への補助を行っています。詳しくは上田保健福祉事務所へお問い合わせください。(電話:0268-23-1260)

※県へ補助申請した上で、対象にならない治療費がある場合はご相談ください。

署名

健康保健課保健係
電話:0268-64-8882 | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:kenko-hoken@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ