1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. ごみ・リサイクル>
  5. 家電リサイクル法について

家電リサイクル法について

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法) は、一般家庭から排出された特定 の家電製品をリサイクルして、廃棄物を減量、資源の有効利用を推進するための法律です。

家電リサイクル法Q&A

よくある質問をまとめて、以下のとおりQ&A形式にしてみましたのでご覧ください。

Q1 家電リサイクル法の対象となる家電製品は何ですか。

A1 主に一般家庭で使用されている「エアコン」「テレビ」「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」「電気洗濯機・衣類乾燥機」の4品目です。


Q2 古くなった家電製品を引き取ってもらいたいのですが。

A2 その製品をお買い上げになった家電小売店か、同じ種類の製品を買おうとしている小売店にご連絡ください。この場合、小売店には古い家電製品を引き取る義務があります。
その際、消費者には、その家電製品を(1)収集・運搬するための料金と(2)リサイクルするための料金をご負担いただきます。


Q3 消費者が負担する料金はいくらですか。

A3 消費者の負担する料金は、「小売店の収集・運搬料金」+「メーカーのリサイクル料金」です。リサイクル料金は、エアコン1,620円~、テレビ2,916円~、冷蔵庫・冷凍庫3,888円~、洗濯機・衣類乾燥機2,592円~ です。(消費税込)
リサイクル料金は大きさ、メーカーによって、また、収集・運搬料金も家電小売店ごとに異なることがあります。


Q4 どうして消費者が料金を負担しなければならないのですか。

A4 家電リサイクル法の円滑な運用のためには、小売店による収集・運搬、メーカーによるリサイクル及び消費者による費用負担といったそれぞれ役割分担が必要です。 
消費者も費用分担を通じて循環型経済社会の構築に向けて重要な役割を担うことになります。

家電4品目ごみの処分方法

小売店(電気屋)等に引取を依頼する方

1.製品を買い替えするまたは購入した家電小売店に引取りを依頼してください。

  ※リサイクル料金、収集運搬料金が必要です。家電小売店に相談してください。

2.買換えでない、購入した小売業者が廃業した、遠方にあるまたは不明である等で購入した小売業者を利用できない場合は、事前に郵便局で手続きと家電リサイクル料金の支払いを行い(http://www.kaiketsukr.com/coupon/postoffice.html)、以下の事業者に回収を依頼してください。

  ※収集運搬料金が必要ですので事業者に相談してください。

  ※回収日について、事業者に相談してください。

事業者名

事業所所在地

電話番号

営業区域

イー・ステージ(株)

小諸市大字平原309番地1

0267-25-8880

市内全域

(株)井上産業

長野市若穂牛島村東151番地

026-214-3830

市内全域

(株)ウェルサイクル

上田市天神3丁目11番地40

0268-26-1820

市内全域

健装社

上田市塩川1126番地

0268-36-2547

市内全域

小山 諒太

上田市真田町840-5

0268-73-2275

市内全域

(株)サイトー

東御市新張2087番地

0268-63-6701

市内全域

(株)トーシン

南佐久郡南牧村海尻2446番地2

0267-96-2544

市内全域

直富商事(株)

長野市大字大豆島3397番地6

026-222-1880

市内全域

長門運輸(株)

上田市塩川2500番地53

0268-36-3141

東部地区

本田 茂

上田市国分742-16

090-4090-6352

市内全域

(株)みすゞ工務店

上田市仁古田1234番地5

0268-75-7097

東部地区

(有)三井金属

東御市田中656番地1

0268-62-0235

市内全域

メーカー指定引取場所へ直接持ち込まれる方

持ち込み先

  • 小柳産業(株)東御倉庫 東御市祢津字砂田1184-3 電話:0268-71-7155

先に、家電リサイクル券を郵便局で購入し、直接持ち込みください。リサイクル処理料のみで運搬料はかかりません。

 
注:「エアコン」・「テレビ」・「冷蔵庫 冷凍庫」・「洗濯機 衣類乾燥機」の家電4品目は、東御市東部クリーンセンター並びに川西粗大ごみ処分場への持ち込みは一切できませんのでご注意ください。

 

 

 

この件に関するお問い合わせは
東部クリーンセンター
電話:0268-63-6814|ファクシミリ:0268-63-6814
または
生活環境課環境対策係
電話:0268-64-5896

  更新日:2019年1月19日

▲このページの先頭へ