1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 下水道>
  5. 下水道の正しい使い方

下水道の正しい使い方

下水道を使用するときに注意していただきたいことをご説明します。

下水道が使えるからとはいえ、何でも流してしまうと下水道の機能を十分に発揮することができなくなります。みなさんの協力をお願いします。

台所の調理くずは、決して流さないようにしましょう

  • 調理くずは、目の細かい「コーナー」や、「コーナー」に備えた紙袋などで受け、流さないようにしましょう。ディスポーザー(生ごみ粉砕機)は使用しないでください。細かくして流しても、詰まりの原因となることが多くあります。
  • 現在の下水道処理施設は、ディスポーザーの使用を予定してつくられていないため、ディスポーザーにより粉砕された生ごみ等を下水道に流すと、下水処理の能力を超えてしまい、下水処理場から放流される処理水の水質が悪化して環境に悪影響を及ぼします。
  • 調理くずは土壌に還元すると肥料になります。
  • 米のとぎ汁は排水しないで、庭の植木にかけると肥料になります。

食用廃油(天ぷら油等)は流さない

  • フライパンや天ぷらなべ等を洗うときは廃油を別容器に移し、一度紙等でふき取ってから洗いましょう。
  • ふき取った紙類は、ゴミとして出しましょう。
  • 別容器にとった廃油は、新聞紙・布等に染み込ませて「燃えるごみ」として出すなど、指定する方法で処理しましょう。

洗剤の使用に注意しましょう

  • 洗剤等に含まれる「りん」や「窒素」は、プランクトンのエサとなり、排水中にこれが多く含まれるとプランクトンが異常繁殖して水質汚濁を招くという「富栄養化」防止の立場から、洗剤は適量を守って使いましょう。
  • 洗剤は、計量カップで量をはかって使いましょう。
  • 目分量は、使いすぎのもとです。また、洗剤は多く使えばそれに応じて洗浄力がよくなるというものでもありません。
  • 合成洗剤に含まれる有機リンは、浄化センターでも完全に取り除くことができません。リンを含む洗剤は富栄養化の原因になりやすいので、石けんや無リン洗剤を選びましょう。

水洗トイレにはトイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。

水に溶けない紙や紙おむつ、タバコやガムなどを流すと詰まりの原因になります。また、トイレで流れる水の量は、汚物を流すのにちょうど適量になっているため、水の量をご自分で調整しないでください。流れる水の量が少ないと、汚物が十分に流れず、詰まったり悪臭発生の原因となることがあります。

危険物等は下水に捨てないで

ガソリン、シンナー、石油等揮発性の高い危険物質を流すと、下水道管内などで爆発を起こす原因になります。また、割り箸、野菜屑、ラード、紙おむつ、生理用品、土砂、ビニール製品などは下水管を詰まらせますので絶対に流さないようにしましょう。

マンホールの「ふた」を開けないでください

道路上などにあるマンホールなどの「ふた」を開けることは非常に危険です。人身事故や大雨の時に下水が吹き出す原因になります。また、マンホールなどのふたに異状を発見した場合は、上下水道課下水道係へご連絡ください。

風呂場や洗面所に髪がつまっていませんか

風呂場や洗面所の排水口に髪の毛がつまっていませんか。使ったあとは必ず取り除く習慣をつけましょう。

宅内の排水設備の定期点検を

台所や浴室等に設けてある汚水ます(トラップます)や排水管はときどき点検して、土砂や汚物を除去し清掃しましょう。

お問い合わせ先
上下水道課下水道係
電話:0268-64-5874|ファクシミリ:0268-62-0233
メール:jyougesuidou@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ