1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 下水道>
  5. 下水道の役割

下水道の役割

下水道ができると、台所や風呂場の排水(生活雑排水)を下水管に流すことになります。し尿(大便や小便)もトイレを水洗化すれば、流せるようになりますし、工場などの排水も、有害物を除いて(除害施設により除去)下水管に流せるようになります。

下水道が整備されると次のような良い効果があります。

環境改善

生活あるいは生産活動に伴って発生する汚水がすみやかに排除されず、住宅周辺に停滞していると、カやハエの発生源となったり、悪臭により周辺環境を悪化させることになります。下水道を整備することにより、汚水をすみやかに排除し、周辺環境の改善が図られます。

水質保全

汚水が処理されないまま河川等の公共用水域に排出されると、水質汚濁が進み、上水道、農業用水、工業用水、漁業等に悪影響を及ぼし、さらにレクリエーションの場としての価値が減少するなどの被害をもたらします。

下水道は、汚水を収集、運搬、処理することから、公共用水域の水質汚濁を防止し、豊かな自然環境の保全に大きく役立っています。

トイレの水洗化

下水道が整備されることにより、トイレの水洗化が可能となり、個々の住宅で衛生的で快適な生活を送れるだけでなく、し尿は下水管の中を他の汚水とともに運搬され、下水処理場で効率的に処理されることになります。

資源の有効利用

下水道には、水、汚泥、エネルギー等多くの利用可能な資源があります。省エネルギー・リサイクル社会を実現するために、下水道は都市部の水循環の要として下水処理水の活用が注目されています。 

お問い合わせ先
上下水道課下水道係
電話:0268-64-5874|ファクシミリ:0268-62-0233
メール:jyougesuidou@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ