1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 文化財>
  5. 史跡 野馬除跡

史跡 野馬除跡

野馬除跡(のまよけあと)

野馬除跡(のまよけあと)
所在地東御市御牧原3626番地
所有者東御市
指定昭和42年12月11日(旧北御牧村指定)

 その昔、御牧原台地はかつて平安時代、「望月の牧」と称され、朝廷の馬寮に属する勅旨牧として栄えました。

東北は千曲川、西は鹿曲川、南は瓜生坂・入布施・矢島原、東は諏訪山まで、その面積は約1千町歩。ここは断崖によって自然の柵をなしている部分を除き、周囲を約38kmに渡って土手を築き、馬が逃げ出すのを防いだものです。

この土提を野馬除といい、現在のところ市内10箇所で確認され市の指定文化財となっています。

文化財へのアクセス


より大きな地図で 史跡 野馬除跡 を表示

広域アクセスマップ

広域アクセスマップ

この件に関するお問い合わせは
東御市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財・文化振興係
電話: 0268-75-2717
メール:syougai-gakusyu@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ