1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 文化財>
  5. 建造物 木造阿弥陀三尊像

建造物 木造阿弥陀三尊像

木造阿弥陀三尊像(もくぞうあみださんぞんぞう)

木造阿弥陀三尊像

所在地

東御市大日向258

所有者

観音寺

指定

昭和51年3月29日(県指定)

 木造阿弥陀三尊像は、像高89.5センチメートルで檜材の寄木造り、脇侍の観音菩薩座像は像高60センチメートル、勢至菩薩座像は像高61センチメートル、両菩薩ともほとんど1木造りに近いもので、形状・作風から鎌倉時代初期の作風がよくでています。

当初は小諸の泰安寺の本尊でだったのが、明治4年小諸城廃藩と同時に泰安寺も廃寺となり、光岳寺に保管され、同寺の隠居寺であった観音寺への本尊として迎えられました。

文化財へのアクセス

広域アクセスマップ

広域アクセスマップ

この件に関するお問い合わせは
東御市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財・文化振興係
電話: 0268-75-2717
メール:syougai-gakusyu@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ