1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 文化財>
  5. 建造物 石造龕

建造物 石造龕

石造龕(せきぞうがん)

石造龕(せきぞうがん)
所在地東御市下之城169番地1
所有者両羽(もろは)神社
指定昭和50年7月21日(県指定)

 この石龕(せきがん)は、屋根・宮殿・竿石・台石の4部で構成され、屋根は入母風で大棟の左右に鴟尾が配置され、宮殿部には勾欄様の彫刻、正面には狛犬様の形があります。竿石の正面には鶴亀と松と思われるもの、他の3面には菩提樹らしき木の陽刻があります。

台石には陰刻の文字が判読でき、銘から海野・望月・根津・矢沢諸氏が共同で奉納した先祖及び軍中の安全祈願碑であり、建造は、正慶2(1333)年12月28日となっています。

文化財へのアクセス


より大きな地図で 建造物 石造龕無題 を表示

広域アクセスマップ

広域アクセスマップ

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習課文化財・文化振興係
電話:0268-75-2717
メール:syougai-gakusyu@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ