1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 文化財>
  5. 有形民俗文化財 西宮の歌舞伎…

有形民俗文化財 西宮の歌舞伎舞台

西宮の歌舞伎舞台(にしみやのかぶきぶたい)

西宮の歌舞伎舞台(にしみやのかぶきぶたい)

所在地

東御市祢津2253番地

所有者

西宮区

指定

昭和57年8月16日(県指定)

  祢津健事神社境内にある、回し付きのこの舞台は、江戸時代の文化13年(1816)に造られたことが、記録によってはっきりしています。その後、明治4年 (1871)に改修されましたが、主屋部分の構造は創建当時の古い部材が残されており、回しのある舞台(回り舞台)としては、日本で最も古い舞台であると 言われています。

前面の桁行は8間(約14.5m)、奥行の梁間4.5間(約8.1m)、屋根は寄棟造り茅葺き(現在はカラートタンぶき)で、主屋背面の中央 部分一部に下屋が付けられています。内部床面には直径3間(約5.4m)の円形の回し部分があり、この中心の床下に据えられた心棒に直角に交差した2本の 腕木を押し回し、回転させる仕組みになっています。

また、舞台の装置を左右に引き分ける「セリ分ケ」や、前後に移動させる「セリ出シ」、床下の奈落から舞台上に役者が登場する3ヵ所の「セリ上ゲ」、さらには、舞台背景をどんでん返しする「田楽返し」などの装置もあり、ダイナミックな演出効果が考えられています。

この舞台は、規模の大きさ・能舞台の遺構がみられること・背面の窓を開けると裏山を背景として用いることができるなど、農村の演劇史上からも貴重なものといわれています。

むかしから、地元では『舞台見るなら西宮へ、芝居見るなら東町へ』と言い伝えられています。現在も、保存会によって舞台の管理が続けられています。

文化財へのアクセス


より大きな地図で 有形民俗文化財 西宮の歌舞伎舞台 を表示

広域アクセスマップ

広域アクセスマップ

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習課文化財・文化振興係
電話:0268-75-2717
メール:syougai-gakusyu@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ