1. トップページ>
  2. くらし>
  3. まなぶ>
  4. 文化財>
  5. 史跡 戌立石器時代住居跡

史跡 戌立石器時代住居跡

戌立石器時代住居跡(いんだてせっきじだいじゅうきょあと)

戌立石器時代住居跡

所在地

東御市滋野乙3464番地1

所有者

河本 勝英

指定

昭和8年2月28日(国指定)

 戌立石器時代住居跡は、西沢川と大石沢川にはさまれた丘陵地の上にあります。 昭和5年(1930)、小規模な発掘を行ったところ、敷石のある竪穴住居 跡や炉跡の他に、獣骨片・土器類・磨製石斧・石鏃など多数の出土品が発見されました。隣接の「寺の浦遺跡」(現小諸市井子)と共に昭和8年(1933)文 部省の指定史跡となりました。この時、遺跡の破壊を防ぐのを兼ねて、復元家屋が建てられました。発掘された遺構に復元施設を設けたのは日本で最初のものと 言われて、全国から注目を集めましたが、落雷によって焼失してしまいました。

昭和58年(1983)、59年にわたって、遺跡範囲確認調査が行われました。その結果、文部省の指定史跡(約435平方メートル)となった 石器時代住居跡をほぼ中心として、東部町分で約63,000平方メートル、小諸市にわたる部分まで含めると、80,000平方メートル以上におよぶ大遺跡 であることが明らかになりました。

この遺跡は、縄文時代中期から後期中頃までの遺跡と考えられています。この一帯は、日尻沢の谷口にあたる扇状地上で、南面するゆるい傾斜面です。日当たりがよく乾燥地ですが、近くに川が多く、生活水を得やすい、便利な居住だったと思われます。

なお、現在の復元家屋は、昭和63年(1988)に地元の人々により再度復元されたものです。

文化財へのアクセス


より大きな地図で 史跡 戌立石器時代住居跡 を表示

広域アクセスマップ

広域アクセスマップ


お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習課文化財・文化振興係
電話:0268-75-2717
メール:syougai-gakusyu@city.tomi.nagano.jp

 

▲このページの先頭へ