1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 地球温暖化・環境保全>
  5. 環境保全>
  6. 特定外来生物(植物)を駆除し…

特定外来生物(植物)を駆除しよう

特定外来生物(植物)とは

本来の生息地、生育地以外の地域から運ばれてきた生物のことを「外来生物」と呼びます。その中でも生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、または及ぼす恐れがあるものとして法律により定めたものを「特定外来生物」といいます。
特定外来生物(植物)は飼育・栽培、保管、運搬、譲渡などが禁止されており、違反した場合は罰則が科せられます。

~市内で見かける特定外来生物(植物)~

    アレチウリ

アレチウリ

オオキンケイギク

オオキンケイギク

   オオハンゴンソウ

オオハンゴンソウ

※写真は市内で撮影したものです。

駆除について

特定外来生物(植物)は繁殖力が強く、生態系を変えてしまう恐れがあります。見かけた際は駆除をお願いします。
種は長期間発芽可能な状態で土中に残っているため、数年間駆除を続ける必要があります。

【具体的な駆除の方法】

手法特徴など
手による抜き取り効率は良くありませんが、根から抜き取ることにより、確実に駆除を行うことができます。他の動植物への影響が少ないため、県では抜き取りの推奨をしております。
草刈り機等による刈り取り抜き取りに比べて効率は高いですが、他の植物も一緒に刈り取ってしまいます。また、根を抜かないと再成長する場合もあります。
種を付ける前に刈り取ることで、分布拡大は防げます。
除草剤の使用効率は高く、根まで枯死させて駆除ができます。
しかし他の植物も枯らしてしまったり、河川等を汚染してしまう恐れがあります。また、更地になった土地に再度特定外来植物が定着する可能性があります。

抜き取った特定外来生物(植物)は種子等が飛び散らないようにゴミ袋などに密閉し、燃えるごみとして処理してください。

チラシ・関連サイトなど

特定外来生物(植物)の駆除をしよう!(チラシ)(PDF629KB)

外来生物について/長野県ホームページ(外部サイト)
日本の外来種対策/環境相ホームページ(外部サイト)

署名

生活環境課環境対策係
電話:0268-64-5896 | ファクシミリ:0268-63-6908
メール:seikan@city.tomi.nagano.jp

  更新日:2018年7月25日

▲このページの先頭へ