1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 災害に備える>
  4. 119番(救急・火災)>
  5. 心肺蘇生法(小児)

心肺蘇生法(小児)

心肺蘇生(小児)の手順

☆心肺蘇生(小児)の手順

1 反応(意識)を確認する。

  • shinpaisosei01肩を叩きながら大声で呼びかけ、反応の確認をする。

    2 119番通報AED依頼

    • 近くに誰かがいる場合119番通報、AEDの手配を依頼する。
    • もし1人なら、119番通報を優先。AEDは近くの設置場所がわかれば取りに行く。
    • 119番通報を通じて通信指令員の指示に従う。

     

    3 呼吸の確認

    • shinpaisosei02胸と腹部が普段どおり、上下に動いているか、10秒以内で確認する。
    • 胸と腹部が動いていなければ、呼吸が止まっていると判断し、胸骨圧迫を開始。
    • ※わからなければ胸骨圧迫!

      4 胸骨圧迫

      • 心肺蘇生(小児)の手順shinpaisosei03両手を重ね、手の付け根を「胸の真ん中」に置き30回続けて圧迫する。

      《小児の場合、体格に応じて片手で圧迫》

      ※胸骨圧迫 3つのポイント

      ① 胸が胸の厚さの約1/3沈むように強く
      ② 1分間に100~120回のリズムで速く
      ③ 絶え間なく圧迫(中断を最小にする)

      • 圧迫解除は、胸が元の高さに戻るまで。
      • 他に救助者がいれば1~2分ごとに交代する。

      5 人工呼吸

      • shinpaisosei05胸骨圧迫30回のあとは人工呼吸2回。
      • 額に手をあて、指であご先を持ち上げる。(気道確保)
      • 気道確保したまま、額にあてた手で鼻をつまみ、胸の上がりを確認しながら1回1秒かけて、2回息を吹き込む。(入らなくても2回まで)
      • 人工呼吸ができない場合は省略し、胸骨圧迫のみ続ける
      • 胸骨圧迫中断時間を10秒以上かけない。
      • 救急隊に引き継ぐか、傷病者に普段どおりの呼吸や目的のある仕草が認められるまで、胸骨圧迫:人工呼吸(30:2)を繰り返す。

        この件に関するお問い合わせは
        上田地域広域連合消防本部東御消防署
        電話: 0268-62-0119|ファクシミリ: 0268-63-6119

          更新日:2018年11月6日

        ▲このページの先頭へ