1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 災害に備える>
  4. 119番(救急・火災)>
  5. 応急手当の方法

応急手当の方法

意識があるときは、勇気づけるなどして、患者の精神的ショックを和らげ、身体をできるだけ楽な体位にします。
呼吸があれば横向きに寝かせて安静に。

のどに物をつまらせた

手の平で背中の真中を5回たたきます。

のどに物をつまらせた

出血

きれいなガーゼ、ハンカチを傷口にあて、手で強く押さえます。

出血

骨折

骨折の疑いがある場合には、骨折しているものとして、手当てをします。

骨折

やけど

やけど
  • すぐに水で冷やします。
  • 衣服は無理に脱がさず、衣服の上から冷やします。
  • 水ぶくれは破らないようにします。

この件に関するお問い合わせは
上田地域広域連合消防本部東御消防署
電話: 0268-62-0119|ファクシミリ: 0268-63-6119

▲このページの先頭へ