1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 市税>
  5. 申告>
  6. 農業所得の収支内訳書作成の手順

農業所得の収支内訳書作成の手順

農業所得は、一年間の収入金額(販売金額、家事消費)から必要経費を引いて求めます。

次の手順でまとめましょう。

1 収入金額を確定しましょう。

  1. 一年間の作付品目と面積、また、収穫量を把握します。
  2. 販売した金額は、収入伝票または通帳から計算します。
  3. 家事消費分を計算します。分からないときは、生産者販売単価に消費数量を掛けて算出します。
  4. 通帳にある各種補助金、補てん金、精算金をまとめます。
  5. 果樹栽培の方は、農産物の棚卸高(期首・期末)を計算します。

2 必要経費を確定しましょう。

  1. 農業に関して支出した際のレシート、領収書の日付を確認しましょう。
  2. 口座引落の場合は、通帳が代役します。
  3. 領収書等は農業に係るものが対象です。生活費分が含まれていないか注意しましょう。
  4. 必要経費の科目ごとに領収書等を振り分けます。科目とは「雇人費」「修繕費」「諸材料費」などの項目をいい、収支内訳書に記載するために区分けをします。
  5. 振り分けた領収書等を、科目ごとに集計しましょう。

3 農業所得を算出しましょう。

  1. 上記の収入金額・必要経費の科目ごとの合計金額を、収支内訳書へ転記します。
  2. 収支内訳書の「収入金額の計」から「必要経費の計」を引いて、農業所得を算出します。

4 内容を確認しましょう。

  1. 計算誤りはありませんか。
  2. 住所・氏名は記入してありますか。
  3. 認印は押してありますか。

5 確定申告の際に提出しましょう。

  1. 収入伝票、通帳、レシート、領収書等の書類は、最低5年間保持する必要がありますので、ノート等に貼り付けるなどして、なくさないように保管してください。

参考資料

収支内訳書(農業所得用)記入例(エクセル 120.0KB)

主な減価償却資産の耐用年数表(抜粋)(PDF 1.8MB)

 

この件に関するお問い合わせは
税務課住民税係
電話:0268-64-5877
メール:zeimu@city.tomi.nagano.jp

 

 

▲このページの先頭へ