1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. 市税>
  5. 納税について>
  6. 市税を滞納すると

市税を滞納すると

納期限までに納付されていない場合は、納期限から20日以内に「督促状」を送付します。それでも納付がない場合、催告状や差押予告書により納税を促すことになります。

差押え

滞納になると、文書や電話、あるいは訪問して税の徴収をします。それでも実納いただけない場合は、納期限内に納税された方との公平を保つためにも、その方の財産(給与、預貯金、不動産など)を差押え、さらにその財産の公売をするなどの滞納処分を行うことになります。

督促手数料・延滞金

納期限を過ぎた場合の納税には、本来の税額のほかに督促手数料(100円)及び延滞金を納めていただくことになります。
延滞金は税額に納期限の翌日から納付の日までの期間の日数に応じて年14.6%の割合を乗じて計算した金額。(当該納期限の翌日から1カ月を経過する日までの期間は年7.3%の割合を乗じて計算した金額。ただし、平成12年1月1日以後の期間に対応する延滞金(年7.3%の部分に限る)は、前年11月30日の公定歩合に4%を加算した割合が7.3%に満たない場合は、特例基準割合で徴収します。)

算出された延滞金に100円未満の端数があるときは、これを切り捨て、また、その税の全額が1,000円未満であるときは、延滞金はかかりません。

税の滞納は、納税者ご本人にとって不利益になることはもちろん、市にとっても滞納処分は貴重な市税収入を費やすことにもなります。期限内納付にご協力くださいますようお願いいたします。
また、どうしても納期限内に納税できない場合には、お早めに市役所の税務課までご相談ください。

この件に関するお問い合わせは
税務課収税管理係
電話:0268-62-1111(内線1181)
メール:zeimu@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ