1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 人生の節目に>
  4. 子育て支援・幼稚園・保育園>
  5. 保育園>
  6. 保育キーパー制度

保育キーパー制度

急速に進む少子高齢化の中で保育園、児童館の充実など多彩な子育て支援策を展開しています。

児童を取り巻く社会環境も、核家族化による祖父母との疎遠ばかりに留まらず、家庭内においても特に父親と接する時間が減少したり、離婚等による単親家庭も増加していることから、男性職員が少ない保育園において家族機能を少しでも補うため、園児たちのおじいさん役となって保育の手伝いをする保育キーパー制度を設けています。

サッカーのゴールキーパーのような守護神役とハウスキーパーのような維持管理役を合わせて、「保育キーパー」と命名したものです。

この制度により、1.児童の保育の充実はもとより、2.保育士の資質向上、3.保護者の安心感の向上、4.施設管理の充実、5.高齢者の再雇用など多くの効果が期待できます。

東御市では、公立5保育園全園に保育キーパーを配置します。

▲このページの先頭へ