1. トップページ>
  2. くらし>
  3. くらす>
  4. マイナンバー制度(社会保障・… >
  5. 通知カードを受け取れなかった…

通知カードを受け取れなかった世帯へのお知らせ

通知カードを受け取れなかった世帯へのお知らせ

平成27年10月5日マイナンバー法施行日に東御市に住所を置かれていた世帯に、11月16日より通知カードを郵送にてお送りしましたが、下記の理由により受け取れなかった方につきましては、現在市民係にて保管してありますので、本人確認書類をお持ちの上、平成29年3月末までに受け取りに来ていただきますようお願いします。

 
☆配達時、長期不在で受け取れなかった。
☆10月5日以降東御市内で転居したため配達されなかった。
☆郵便局に転送届を出してあった。(この郵便物は転送できません)
※長期出張等で平成29年3月末までに受け取りに来られない場合は保管期間の延長も可能ですので、保管期間の延長の申し出をお願いします
 
世帯主・世帯員が通知カードを取りに来る場合
来庁される方の本人確認書類(原本) 
1点で確認できるもの 運転免許証・パスポート等
2点で確認必要なもの 健康保険証・介護保険証・年金手帳・年金証書・学生証等
 
世帯員以外の方が通知カードを取りに来る場合
世帯員すべてからの委任状と委任者(世帯員すべて)の本人確認書類(原本)と委任を受けた人の本人確認書類(原本)
 
 
 

マイナンバーの通知に係る在外邦人への対応について

マイナンバー制度の導入について

平成27年10月からマイナンバー制度が導入され、日本国内に住民票を有するかたに対し12桁のマイナンバー(個人番号)が付番され、通知が開始されています。在外における本制度の適用については、下記のとおりですのでご承知ください。
 
 
 

1.マイナンバー制度

マイナンバー制度は国内に住民登録する全てのかたにマイナンバー(12桁の番号)を付番する制度です。平成27年10月よりマイナンバー等を記載した通知カードが住所地等に郵送で通知されています。マイナンバーは、平成28年1月より日本国内の社会保障、税、災害対策の行政手続で必要になります。
 
 

2.マイナンバー制度の在外における適用

1. 海外に滞在するかたについては、本制度を定める「行政手続における特定 の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(いわゆる「マイナンバー法」)において、住民基本台帳に記載されているかたのみにマイナンバーが付番されることとなっているため、日本国内に住民票を有しないかたは適用対象外です。

2. 一方で、日本国内に住民票を残して国外に滞在(出張、留学等)をしているかたにはマイナンバーが付番され、マイナンバーが記載された通知カードが日本国内の住所地に郵送されることになりますが、本人不在中にこれを受け取る親族等がいない場合、当該通知カードは住所地の市区町村に返還され、一定期間(3か月程度)保管されることになります。なお、市区町村が認める場合は保管機関を帰国の時まで延ばすことも可能であるため、該当するかたは住所地の市区町村役場(東御市に住民票を残しているかたは、東御市役所)に直接ご相談ください。

 

 

署名

市民課市民係
電話:0268-62-1111(内線1211、1212、1213)
電話:0268-75-2007(直通)
ファクシミリ:0268-63-6908
メール:my-number@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ