1. トップページ>
  2. くらし>
  3. 保健・福祉・医療>
  4. 健康>
  5. 感染症予防>
  6. 各種予防接種(日本脳炎)

各種予防接種(日本脳炎)

日本脳炎

対象者

第1期対象者

  • 生後6か月~90か月(7歳半)未満児。
  • 標準的接種は3歳に初回(2回)、追加1回(初回の約1年後)の接種をします。
  • (3歳・4歳児に積極的勧奨をしています。)

第2期対象者

  • 9歳から13歳未満児。(9歳・10歳児に積極的勧奨をしています)

*平成17年度から平成21年度にかけての日本脳炎予防接種の積極的勧奨を控えたことにより、接種の機会を逸した方を特例対象者(平成7年4月2日~平成19年4月1日までの間に生まれた人)とし、未接種回数を接種希望をした場合は20歳に至るまでの期間、定期予防接種として接種を受けることができます。

場所

   市内医療機関で個別接種

    *市外(県内)で受ける場合には、接種可能か医療機関に確認してください。

    *やむを得ず県外で受ける場合には、補助制度がありますので、保健係(64-8882)へお問い合わせください。

内容と注意事項

  • 第1期は3歳を過ぎたら受けましょう。
  • 接種回数
    ・第1期初回は、6日から28日までの間隔で2回接種。
    ・第1期追加は、初回2回目から約1年後に接種。
    ・第2期は、9歳以上で第1期終了していれば、1回接種。
  • 平成17年5月以降の接種見合わせで、第1期の接種回数を終えていない場合は、基本回数分の接種ができます。
  • 接種後6日間は、他の予防接種は受けられません。

*詳しくは、下記の厚生労働省HPで確認してください。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/annai.html

 

副反応

現在使用されている乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの添付文書によると、本剤の臨床試験において、90か月未満の小児123例中49例に副反応が見られました。主なものは発熱(18.7%)、咳6k(11.4%)、鼻漏(9.8%)、注射部位紅斑(8.9%)で、これらのほとんどは、接種後3日までにみられたとされています。

 なお、ショック、アナフラキシー様症状、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脳症、けいれん、急性血小板減少性紫斑病などの重大な副反応の発生も否定できません。

 

お問い合わせ先
健康保健課保健係
電話:0268-64-8882 | ファクシミリ:0268-64-8880
メール:kenko-hoken@city.tomi.nagano.jp

▲このページの先頭へ